目撃!弟がオナニーしてる!


夜更けにトイレに行こうとしたら、
脱衣場に何やら人の気配が…。

あれ?
弟の○○だ。
こんなに夜遅くに、何してんだろ?
具合でも悪いのかな?

良く見ると、弟は、うずくまって、
なにか白い布切れに顔を押し付けているようだ。

その物の正体に思い至った時、
私、ホント、ドキッとした。

あっ、あれッッ!
私の下着じゃない!!
一体どういうこと?

気が動転して、立ち尽くす私に気付くことなく、
一心不乱にショーツの匂いを嗅ぎ続ける弟…。

女性の下着に関心を催す変質者が、
世の中に存在することは知ってたけど、
まさか私の弟が、その一人だっただなんて!

しかも、実の姉の下着に興味持っちゃうなんて、
変態にも、ホドがあるわよ!

それに、今日穿いてたあのショーツ、
汗とかの汚れだけじゃなくて、
アソコの染みだって、たくさん付いてたハズ…。

もう止めてよ!
アタシの恥ずかしい匂い、
それ以上嗅がないで!

本当に止めて欲しかったから、
私は、そのおぞましい現場に一歩踏み込もうとした。

と、その時、
弟のある異変に気づいた私は驚愕した!

思わず悲鳴を上げそうになったのを何とか抑えこんだ。
弟は下着の匂いを嗅ぎながら、
右手を股間に押し当てて、何やら擦りあげているようなのだ。

こッ、コイツ…。
お、オナニーしてるんだわ。

マジ、キモいッ!
サイテー!

私の弟がこんな変態だっただなんて!
思わず、泣きそうになった。

と、さっきまでは割りとゆっくりとしたストロークだった、
弟の右手の動きが一段と激しくなって来た。
息も荒々しくなってる。

こいつ、イクんだわ。
やだ!
弟の射精なんか見たくない!

その場を離れようとした私だったけど、
足が動かなかった。
躊躇する間もなく、遂に弟は頂点に達してしまった。

しかも、射精の瞬間、
それまで、さんざん嗅ぎ回した私のショーツを、
今度は、下半身へと移動させたのだ!

えっ?
やっ、止めてよ!
何する気?
まさか、私の下着にザーメン出すつもりなの?

嘘ォッ?
そんなの、絶対にイヤぁアアアっ!

私の心の叫びも空しく、射精を開始してしまう弟。
目をそむけたくなるが、つい覗きこんでしまう。
何せ、弟とは言うものの、
男性のこんなシーンなんて見たことないから。

腰を前後させながら、射出を続ける弟。
一体どれ位出したんだろ?
ショーツに染み込んでいく弟の精液のことを想像していると、
何だか私自身が、弟に犯された気分になって、
思わず、両足を閉じた…。

と、その時、私思わずキュンッってしちゃった。
同時に、アソコから何かトロッとしたのが流れ出た。

えっ?
私、濡れてる?
まさか!
恐る恐る右手を秘部に押し当ててみる。
クチュ。

やっぱり濡れてる!
やだ!
何で私ったら興奮してんのよ!

もう、そこに居るのが嫌になって部屋に戻ることにした。
床についたものの、寝つけそうにない。

私はオナニーすることにした。
こんな形で高まってしまい、
自分で慰めるのも、何だか癪だけど、仕方ないよ。

ショーツの上から、アソコをなぞってみる。
電流が流れたかと思う快感!
何か、いつもと違うわ!

普段は直にクリを弄ったりするんだけど、
今日は敢えて下着を穿いたまま、
上から押さえつけるように、
私の大事な部分を捏ねくりまわす。
愛液がどっと溢れ出るのが自分でも分かる。
















どうしよ。
きっとアイツ、明日また私の下着にイタズラするに決まってる。
私のオナニー汁がたっぷり染み込んだショーツの匂いを嗅ぐんだわ。
なんてイヤラシい…。
その光景を想像しただけで、
まるで今、私の股間に弟がうずくまっていて、
自分の大切な場所を直接舐められてる感じがした。

止めて!
弟のクセに私のアソコ、舐めないで!
私たち姉弟なのよ!

そんな背徳的なことを考えているうちに、
私は一気に頂点へと達した!

いく!
もう、イクぅうっ!
○○ぅッッ!
駄目――ッッ!

無意識の内に弟の名前を呼びながら、
私はイった。
あり得ない快感だった。

弟のこと想像して自慰に耽るなんて、
はしたない姉……。

でも気持ち良かった!
癖になりそう…。

○○のバカ!
お前が、あんな所で、
お姉ちゃんの下着でエッチなこと、してたからだぞ。

思いもよらない背徳オナニーに感じすぎた自分が悔しかったから、
無理矢理、弟を責めて自身を納得させようとする。

さ、もう寝よっかな。
あ、このショーツどうしよう?
ビショビショだけど、穿いたままにしとこうかな。

明日も1日中穿いて、私の匂いイッパイ染み込ませちゃお。
きっと、○○、すっごく興奮するに違いないわ。
何だか私まで、興奮してきちゃった…。

ああ!
明日が待ち遠しいッ!
いけない姉ね、私って!