姉・茹で卵オナニー

私時々、自分がエッチ過ぎるんじゃないか、と思うことがあるの。
だって、毎日欠かさずオナニーするし、
多いときには、3回もしちゃうことだってあるわ。
最近は、指だけでは飽き足らなくなっちゃって、
色んなモノを使うようになったの。
あ、でも、バイブとかローターじゃあないわよ。
そこまでしたら、もっと深みに嵌っちゃいそうで怖いわ。

私が使ってるのは、主に冷蔵庫の野菜たち。
キュウリとか茄子とか、ズッキーニが多いかしら。
オナニーで使った後は、コッソリ冷蔵庫に戻すから、
挿入する際は、コンドームを装着してるの。
パパとママの寝室にあるのをちゃっかり拝借してるってわけ。
私のオマ○コに入った野菜が、次の日の食卓に並んだりすると、凄く微妙な気持ちになる。
特に、弟の○○がそれらの野菜を口にする時なんか、ゾクッとするわ。

「○○が食べてるそれ、昨日お姉ちゃんのオマ○コに入ってたんだよ!」

って、弟に言いたくなる。
絶対、言えないけど。

今日も、オナニーの具材を探して冷蔵庫を開けた私。
あ、でも今日は適当な野菜が無いみたいだわ。
うーん。
困ったな。
どうしよう?
あっ、でも卵がある・・・。
これでシテみようかな。

生卵だと、私の膣圧で割れちゃうと困るから、
茹で卵にしてみよっと。
もうオナニーしたくてうずうずしてるから、
茹で上がるまでの時間が、本当にじれったい。
やっと茹で上がった卵を手にして、自分の部屋へと急ぐ。
途中で、コンドームをもらいに、パパとママの寝室に寄ったんだけど、
先週はあんなにたくさんあったコンドームの箱がもう空っぽになってた。

やだわ、パパとママったら・・・。
きっと毎日エッチしてるのよね。
しかも何回戦も。
そんな風なエッチなパパとママの子供なんだから、
私も、こんなエッチな子に育っちゃったのかしら。

今日は仕方無いから、ゴム付けないでしちゃお。
部屋に戻って、いよいよオナニーを開始する私。
真っ昼間に全裸になるのって、何だかコーフンする。
全て脱ぎ去ると、既に私のアソコはぐっしょり濡れていたの。
そっと手をやると、ぴちゃって音がしたわ。

イヤラシい私。
待っててね。
今、大っきなの挿れてあげるから。

まだ暖かいゆで卵を手にする私。
どうしよう?
このまま殻付きでする?
それとも剥こうかな?
ゴム無しで挿入するんだから、やっぱり殻付きかな。

でも、どうしよう。
殻無しでシテみたい。
直接、私のオマ○コに挿入された茹で卵を食卓に上げて、
それを弟に食べさせてみたい、なんていう倒錯的な欲求が私をよぎる。
すっごい背徳感が沸き上がって、下半身がゾクゾクしてきた。

もう我慢できない!
ジカに入れちゃお!
急いで卵の殻を剥く。
小ちゃい殻でも残ってたら、膣の中を傷つけちゃうから、そこだけは慎重になる。
いよいよ全部剥けた。ぷにぷにと程良く茹で上がった卵。

これが私のオマ○コに入るのね・・・。
既に濡れそぼって、やや開き気味の秘唇に卵を押し当てる。
待ち構えていたかのように、大陰唇が卵を飲み込んでいく。
アンッッ!
思わず声を漏らす私。
あんまり大きな声を出すと、隣の部屋の弟に聞こえちゃう。
でも気持ちいいんだもん!
半分位入り込んだところで、卵を左手に持ち変える。
空いた右手を速攻でクリトリスへと伸ばす。

ビクンッ!
あまりの快感に打ち震える私。

ヤバい!
チョー気持ちイイ!
もっと奥に入れたい!

いつもキューリとかを使っている感覚で、
卵をぐっと奥へと押し入れてしまった。
くふぅ・・・。
ミリミリと私の膣内へと侵入するタマゴちゃん。
LL卵を使ったらから、圧迫感が半端ないわ!
あっと言う間に私のオマンコ奥深く入り込んじゃった。
凄い満足感。
あっ。
でも埋まり込んじゃったから、これ以上刺激を与えられないわ。
確かに膣の中が満たされている感覚はチョー気持ちイイんだけど、
もっと中で弄くり回したいのよ!
それが出来ないから仕方無く、
クリへのタッチを激化させる。

つんつんつん!

ああーーん!
たまらないわ!
これよ、コレコレ!!
この感覚が最高なのよ!

ベッドの上で、ピンと足を伸ばす。
快感が頭のテッペンから足の指先までいきわたる感じ。
あと少しでイケそうなのが分かる。
大声を上げて絶頂の瞬間を迎えたいんだけど、
今は隣の部屋でに弟が居るから無理。
んんんーーーーっ!
恍惚の声を押し殺して、悶える私。
ッッッ、ぃっ、ぃくううううーーーー!
イった瞬間に膣がキュゥうーんと収縮したのが分かった。
同時に頭の中が真っ白になった!
ハァああーーん!
気持ちイイeいぃーーーー!

物凄い満足感と達成感と引き換えに、
一人エッチの後は、いつも何だかとっても虚しくなる。
またやっちゃった・・・。
でも止められない。
こんなに気持ちいいんだもん!

私はそそくさと後片付けを始める。
まずはオマンコの奥に入っちゃった卵を取り出さないと。
んんんっ。
下半身に力を込めて、膣内のタマゴちゃんを押し出そうと試みる。

ぅうんん?
アレ?
出てこないわ・・・。
もうちょっと力を入れてみようかしら?
でも、ゆで卵をつぶしちゃったら大変だわ。
私は慎重になりながら色々と試してみる。
やっぱり出てこないわ。
うーーん。どうしよ。
困ったわ。

思い切り足を拡げてみたり、四つん這いになったり、
ピョンピョン跳ねてみたりしたけど、どれも駄目。
本当にどうしよう・・。
私のオマンコに卵が入ったままなんて有り得ないわ!
ママは夜まで帰って来ないし、そもそもママに相談するなんて無理だし。
今、家に居るのは弟の○○だけ。
弟に相談する?
嘘!
マジ、それこそ有り得ないわ!

その後も、色々試行錯誤したけど、
やっぱりダメだった・・・。
ああー〜ん!
もう、どうしようもないわ!
弟に頼むしかないわ!
私は全裸にワンピースだけを羽織って、廊下に出る。
弟の部屋の前まで進む。
私は意を決してドアをノックする。
トントンっ!

「ねえ?○○、居るんでしょー?」

ガサゴソ音がした後に弟が答える。

「うん?何、姉ちゃん?」

「ちょっとお願いがあるの・・・。
今から私の部屋に来てくれる?」

「えーーっ、
今、ゲームのいいところなんだけどなー」

「お願い。
お姉ちゃん、今とっても困っているの」

「ちっ、仕方ねーなー」

ドアが空き、弟が出て来た。
私は弟の手を取り、私の部屋へと導く。
ついさっきまで私がオナニーしてた部屋。
別に変な匂いとかしてないわよね・・・。
そんなことを心配しながら、私はベッドに腰掛け、
弟にも隣に座るように促す。

「で、何なの?困っていることって・・・」

弟がキョトンとした顔で私に尋ねる。

「う、うん・・・。
ちょっとね、卵が取れなくなっちゃって・・・。
それで、○○に取ってもらえないかな、って思ったの」

「卵?
えっ、どこかに落としちゃったの?」

「ううん。そうじゃなくて。
私のアソコにハマっちゃって取れなくなっちゃったのよ」

「?
姉ちゃん?
言ってる意味が分かんないんだけど・・・」

なかなか要領を得ない弟に、焦れったくなった私は、
身をもって説明することにした。
ワンピースの裾をガバッと持ち上げる。
服の下には何も付けていないノーパン状態。
うっすらと陰った私の局部が露わにされる。

「ちょ、ちょちょっと!
姉ちゃん、何してんだよ?
やめてよ、いったいどうしたの?」

「○○、落ち着いて。
相談というのは、ココのことなの。
私のオマンコに卵が入って、取れなくなっちゃったの。
どうにかしれくれない?」

「はぁあーー?
姉ちゃん?
どうしてそんなところに卵が入っちゃったわけ?」

「私の口から言わせるつもり?
オナニーよ。
卵を使ってオナニーしてたら取れなくなったの!」

「ッッッ!
お、オナニーって?
ねねね姉ちゃんが?」

「そうよ、悪い?
○○だって、するでしょ?
私だって、それ位するわよ」

「そっ、それにしても卵を使ってそんなことするなんて・・・」

「仕方なかったの!
今日はキュウリとか茄子とか何にも無かったんだもん!」

「いっ、いつもはそんなの使ってるのかよ!」

「ビックリした?○○・・・。
でも今はそんなことより一刻を争うの。
いつまでも卵が中に入ってたら、私ビョーキになっちゃうも。
ねえ、早くしてくれる?」

「早くって・・・。
それで俺にどうしろっていうんだよ?」

「そうね。
まずは中の状態を調べて欲しいの」
そう言って私はベッドの上でM字開脚状態となった。

「さあ、○○。
奥まで調べて・・・」

「ご、ゴクっ・・・。
すっ、スゲーな、姉ちゃん。
この中に卵入れちまったのかよ・・・」

唾を飲み込みながら私の局部を凝視する弟。
私の股間に弟の顔が近づく。
弟の生暖かい吐息が太ももやアソコに吹きかかる。
ぞぞぞーーっと悪寒が走る。
でも我慢しなきゃ。
どうにかして取ってもらわないと!
私は親指と人差し指で、大陰唇を押し広げて説明する。

「ここよ。
この奥に入っちゃったの。
よく見て・・・、○○」

「す、すげ〜ー!
姉ちゃん!
俺、女の人のアソコを生で見るの初めてなんだ!
うわあ!こうなってるんだ!」

「この穴の中にね、
私、卵入れちゃったの。
今、もっと広げるから、調べてくれる?」

弟の眼前で思い切り肉襞を拡げて露わにする私。
ああ、なんてはしたないことしてるのかしら・・・。

「姉ちゃん、オマンコの中、何も入ってないよ。
それにさ、こんなに小さな穴に卵なんか本当に入るの?」

「それがね、入っちゃったの。
キツキツ感がたまらなかったわ」

「姉ちゃん?
指入れてもいい?
もうちょっと奥の方、調べてみるから」

「いいわよ。角度とか分かる?
少し上向きなのよ、女の子の穴の奥は」

「こ、こうかな?」

おずおずとした弟の指が私のオマンコに侵入する。
弟の鼻息が荒くなってるのが分かる。

「すっ、すごい!
姉ちゃん!
オマンコの中って、こんなにヌルヌルしてるんだね!」

「それは、私がさっきまでオナニーしてたせいよ。
普段は、こんなじゃないわ」

「へえーっ、そうなんだ。
よーし、今度はこうしてみようかな」

ざらっ。

「ひゃん!
そ、そこは・・・」

弟ったら、挿入してた指を裏返しにして、
指の腹の部分で私のGスポットを刺激してきたの。

「ああァ、ああー〜ん!
ば、バカぁーーっ!
そこは駄目でしょーー?」

「えっ、姉ちゃん?
ご、ゴメン!
痛かった?」

弟は、まさか自分の指が私の性感を刺激していたとは思わなかったようだ。

「ううん、痛くなんかないわ。
逆よ。気持ち良かったの。
そこはネ、女の人の感じる場所のひとつなんだよ。
知ってたの?○○?」

「えっ、そうなの?
ふぅーん、女の人の感じる部分かあ。
もう一回やってみよ。
こう?こうかな?」

「アァ〜〜んんっ、だ、ダメだってば!
今は、そんなことより、もっと調べて」

「わ、分かったよ。
今度はもっと奥の方、調べてみるね」

ずりずりずり。
私の膣奥深く侵入する弟の指。
しばらく私のオマンコ内をかき混ぜた弟の指だったが、
やっぱり卵は見つからなかった。
どうしよ。
もっと奥まで入り込んじゃったのかしら?
弟の指は全ての関節まで入れたにの、それでも届かない場所まで?
私は泣きたくなってきた。
これ以上奥までどうやったら調べられるの?

その時、私、気付いちゃったの。
弟の履いてるズボンのあそこの部分が、パンパンに盛り上がってるのを!
この子、勃起してる!
それもそうよね。
初めて女の子のアソコ見たって言ってたぐらいだから、
いくら実姉の裸って言っても、興奮しちゃったんだわ。

それにしても大きいわね。
○○のオチンチン・・・。
ズボンの上からでも分かる。
太そうだし、長さもあるわ。

あっ!
あのオチンチンの長さだったら、もう少し膣の奥まで届くかも!
そうだわ!
試してみる価値あるかも・・・。

「ねえ、○○?
もう少し長い棒、持ってるでしょう?
それでもっと奥まで調べてくれる?」

「えっ、棒?
なんのことかな?」

「しらばっくれないで!
そんなに大きくさせてるくせに!」

私はGパンの上から、弟の突起物を掴んだ。

「うひゃあ!」

素っ頓狂な声を上げる弟。

「これよ!
この棒で私のオマンコの奥まで点検してくれる?」

「て、点検って!
それって、セックスになっちゃうんじゃ。
つまりは、近親相姦だよ、姉ちゃん!」

「そんなこと言ってる場合じゃないの!
本当に緊急事態なんだから!
お願い、協力して」

「ちっ、まいったな。
わ、分かったよ。
姉ちゃんがこれだけ困ってるんだったら、協力する。
でも、これって俺の童貞喪失になるんだよな」

「弟の記念すべき日に立ち会えて、私も嬉しいわ!
ほら、○○、裸になって。
私もなるから」

私はワンピースを脱ぎ全裸になる。
弟もそそくさと服を脱ぎ去る。
生まれたまんまの姿になった、私たち姉弟。

「本当にいいの?姉ちゃん?」

「早く来て、○○!」

そう言って弟を迎え入れる私。

「きっ、緊張するよ、俺・・・」

「さ、来て。
分かる?さっき指を入れてた角度を思い出して」

「こっ、こうかな・・・」

「そう、ゆっくりよ。
ゆっくり、お姉ちゃんのオマンコに当てがって・・・」

「うは!
姉ちゃんのぬるぬるマンコが、スッゲーたまらないよ!」

亀頭の先がオマンコの入り口に触れただけで感極まっている弟。

「そこで、腰をしっかり入れるのよ!」

「こっ、こう?」

その瞬間、私も腰を少し浮かべた。

ガッチリと繋ぎあった私たちの局部!

「すっ、凄い!
こっ、これがセックス?
ああっ、超キモチいいぃぃ!」

「私もよ!ああーーん!
何だか○○のオチンチン、私のオマンコに合致してるって感じだわ!
なんて、キモチいいのぉお!」

初めての姉弟セックス!
初めての近親相姦!
その快感ったら、ないわ!
何よ、これ!
オナニーなんかとは比べようのない気持ち良さ!

「もっと!
もっと突いて!
奥までよ!」

「う、うん!
姉ちゃん!
お、おれ最高だあぁあーーーっ!」

私たちの身体はベッドの上で跳ね回るが、
ガッチリと繋ぎ合った陰部は、強く引き寄せあい離れない。

「ね、姉ちゃん?」

「何?イキそうなの?○○?」

「ちっ、違うんだ。
た、たまご・・・、当たってるよ。
俺の亀頭の先っちょに当たってプニプニしてるよ!」

「あったの?
それ、どうにかして!」

「どうにかって言われても・・・。
ああ!
姉ちゃんの肉襞が気持ち良いし、
亀頭の先に触れてるタマゴが超キモチいいんですけどぉーー」

「そっ、そんなに突かないでぇえーーッ!
わ、私もキモチいいぃぃーーー!」

「お、俺ぇ・・・、もう駄目。
いく、いく。
イキそうだあぁあーーーっ!
いいかぁあ?
イくぞっ、姉ちゃんんんーーーっ!」

「えーっ?
だ、駄目ーーっ!
中で出したらダメだったら!」

「うぉっ、うほぉおおおおーーーー!」

私は両手で弟のことを押し返すが、
既に弟の射精は始まっていた。
どどどっ!ドクゥッ、どぴゅうぅう!

「嫌ャアアアーーッ!」

弟の近親相姦セックス、気持ち良かったのは事実だけど、
妊娠だけはいやあ!
弟の赤ちゃん、孕んじゃうーーーっ!

私は足を縮めて勢いを付けると、思い切り伸ばして、
弟の身体を弾き飛ばした。

「うぉっ?
ごわあーーーっ!」

ベッドの下にすっ飛んだ弟。
弟のオチンチンが外れた瞬間、
私のオマンコも収縮した!

キュゥーーんっ!
ミリ、みりみりみリィ!

ヌポォオオっ!
すぴょん!

まるでニワトリが卵を産んだみたいに、
私のオマンコから茹で卵が飛び出てきた!
しかも弟のザーメンにまみれながら。

「あっ、出た!
出たよ、○○!」

「いっ、痛ってぇえーー。
なんだよ、姉ちゃん。
いきなり突き飛ばしたりして・・・」

「ごめんごめん!
それより見て!
ホラ?取れたのよ、卵が!
○○の精液が潤滑油の役割になったのかも」

「わわ!ホントだぁ。
これが、姉ちゃんのオマンコに入ってたんだ。
スッゲーぇな!」

「ウフフ、中で潰れてなくて本当に良かったわ。
○○、ありがとう!
これも、○○のオチンチンのお陰よ!」

私は弟の手を取り、ベッドに寝かせた。

「ゴメンね、さっきは突き飛ばしたりして。
痛かったでしょう?
これ、ご褒美よ」

私は、精液まみれの弟の肉棒を口で頬張った。
若い牡のエキス臭がたまらない。

お掃除フェラだけのつもりだったのに、
○○ったら、すぐに復活してきたの。
私のお口の中でぐわんぐわんと勃起してきたわ。
息苦しくなった私は思わず、弟のオチンチンを口から外す。

「ウフフッ!
また、こんなにしちゃって。
しょうのない○○・・・。
もしかしてフェラチオも初めて?」

「もちろんだよ!
姉ちゃん、オマンコもいいけど、
上のお口も最高に気持ちいいよ!」

「こっちだったら、いくらでも出していいのよ。
そしたら飲んであげるわ!
ほら、いらっしゃい!」

私は復活を果たした弟のオチンチンを咥え込んだ。

「ああ!気持ちイイよ!
姉ちゃん?
もう卵でなんかでオナニーしないでさ、
Hしたくなったら、いつでも俺のこと呼んでよ!」

「分かったわ!
もうオナニーなんかしない!
○○とセックスするわ!」

精液まみれの卵が転がっている横で、
私たち姉弟は、近親相姦を誓い合った!!!