姉とランジェリーショップへ

俺にはどうしようもない性癖がある。

それは女性の下着、特にパンティでオナニーをすることだ。

それ位、珍しいことじゃないと思うかもしれないが、

実は、そのパンティというのが姉のパンティなのだ。

身内である姉のパンティを我がチンコに巻き付け、

シコシコしてると、まるで姉に手コキか足コキされてるような錯覚に陥って、

どうしようもない快感を得られるという変態なのだ。

 

ある日も、いつものように姉の部屋へと忍び込み、

そして姉貴のパンティを使ってオナニーしていた。

ああ姉さん、気持ちイイよう!

例えようのない気持ち良さ。

恍惚のあまり涎を垂らしながら、俺は絶頂の時を迎えようとしていた。


と、その時、ふと背後に人の気配を感じた。

振り返ると、なんとベッドの上に姉が座っていて、

事の一部始終を眺めていたのだ!









動転した俺は、姉と目が合った瞬間、

唐突にイッちまった。


「う、うわわ。

ね、姉ちゃん、いつからそこに居たんだよ?」

 

慌てる俺に対して、何故か姉は沈着冷静だ。

 

「やだ、○○。私のパンティ汚して・・・
 それ、あげるから代わりに新しいの買ってよね」

 

という話になり、姉と一緒にランジェリーショップへ行く事となってしまった

いきつけの店らしく、店員のかた(30過ぎくらいか)と楽しそうに
話してるうちに俺のところに2人が来た。
店員さんは俺の耳元でボソッとつぶやいた。

 

「駄目じゃない、キミ。

お姉さんのものにそんなことしちゃ・・・」

(えーっ、姉貴、あのこと喋っちゃったのかよ!)

俺は顔面蒼白になって、額からは脂汗がしたり落ちる。


すると店員さんはニッコリと笑って、

「いいから、こっちいらっしゃい」

なんて言って、俺のことを試着ルームへ連れ込む。

 

すると店員さんは、

「どう?私の脱ぎたてパンティよ」
と言って、いきなり穿いてたパンティを脱いでしまったのです。

「ほら、自由に使っていいのよ。

まだ暖かいでしょう?」

 

店員さんの手が伸び、脱ぎたてパンティを渡されました。
まだ温もりの残る、店員さんのホッカホッカのパンティ・・・。

 

「匂い、嗅いでもいいですか?」

 

俺は店員さんに伺いを立てる。

俺の専門は姉のパンティではあるが、

目の前に、こんな獲物をぶら下げられて、

黙って見ているほど、俺も大人ではない。


「勿論いいわよ。

私が汚したパンティの内側、嗅いでみなさい!

そして舐めるのよ、いい?

 

少し高圧的に店員さんに言われ
Mっ気もある俺は、それだけで思わずイチモツがムクッとしてきた。

Gパンを押し上げる隆起は呆気なく店員さんに見つかってしまった。


「ちょっとォ、誰がそんなとこ勝手に大きくしていいって言ったのよ!

この変態ィッ!」


と言いつつ店員さんは、いきなり俺のチンコを叩いた。

 

「すっ、すみません。つ、つい・・・」

 

「アラ、もうガチガチじゃない?

興奮したの?

それじゃあ、見せてごらんなさい?」

 

「えっ?」

 

躊躇する間もなく、店員さんは僕のGパンをトランクスごと引き摺り降ろすと、

今度は店員さんの頭が近づいてきて、
気がついたら、俺のチンコは店員さんの口の中に吸い込まれてしまっていた。


(あぁ。気持ち良い・・・)

 

生まれて初めて体験するフェラチオに、

俺はもう腰が抜けてしまいそうだった。


そして、なんと店員さんんは、おっぱいにも触らせてくれたのです。

マシュマロみたいにふわふわな感触。

だけどコリコリした感じもあって不思議な感じ。

 

(ああ、これが女の人のオッパイなんだ。

姉さんのもこんな感じなのかな・・・)

 

俺は店員さんに好い事をしてもらっているにもかかわらず、

姉のバストの事を考えてしまっていました。

 

そうこうするうちに、店員さんのフェラチオがもの凄くスピードを増してきました。

童貞で初フェラ体験の俺には、もう我慢の限界でした。


店員さんの口がすぼんで亀頭を思い切り吸い込んだ瞬間、

俺は頂点を迎えて、店員さんの口の中にザーメンをぶちまけてしまいました。

すると何と店員さんは、んぐっんぐっと、そのザーメンを全部飲んでくれたのです。

 

「今度からお姉ちゃんのパンティなんか使って自分でしてないで、
困った時はあたしのところへいらっしゃい!」

 

店員さんは、笑いながら俺に言ってくれました。


それからちょくちょく店員さんのオクチでお世話になっているのですが、
その際、必ず姉貴の下着類も買わされてしまいます。
7〜8千円もする結構高価なやつもあるので、

姉と店員さんの狙いはそこにあったんだと思います。

店員さんに何度か、手コキとかフェラでしてもらってた俺でしたが
やっぱり姉貴のパンティの味も忘れられませんでした。


そして姉が留守の際、つい姉の下着でオナニーしてしまいました。
この間、ショップで買い求めたシルクのパンティ。
高級下着でするオナニーはこれまでとは違った快感があります。

 

が、悪事はまたしても発覚してしまいます。

友達と買い物に出かけたはずの姉が、

急遽帰って来てしまい、俺のオナニー現場が見つかってしまったのです。


「あっ!○○。懲りずにまた私のでやってるの!
駄目じゃない・・・・△△ちゃんにしてもらってるんじゃないの?」


やっぱり、俺は姉貴のパンティが一番興奮するんだということを伝えた。


「もぅ、○○ったら。いつまで経ってもそんなんじゃ駄目だよ

そろそろお姉ちゃん離れしないと・・・」


そう言うと姉貴は、おもむろにしゃがみ込んで来た。

 

「一回だけだからね!こんなことしてあげるの・・・・」


言うが早いか、俺のガチガチのものは姉のお口にパクっと咥えられてしまった。

しかも姉のシルクパンティ越しに。

 

「はぅむっ。しゅぽうっ、ちゅぱぁ」


パンティ越しでも分かる姉の舌使い。

 

「あああ!姉ちゃんっ、気持ち良過ぎるぅうう!」

 

「せっかくだから、直接の方がいいよね?」

 

姉はそういうと、パンティを引き剥がし、

直接姉の口と舌で俺のチンコにむしゃぶりついてきた。

 

「うわわああっ!」

 

店員さんのフェラとも、また違った味わいの姉の口撃、姉の生舌。

 

俺は、もう我慢が利かず、姉貴の口腔の奥深く

ザーメンを噴出してしまった。

 

店員さんと同じように、

何の抵抗も無く、俺のザーメンを嚥下する姉。


「男の人のセイシってさ、飲むとお肌がツルツルになるっていう噂なんだよね。

ちょっと苦くて粘っこいけど、美容のためだと思えば全然平気よ。

あっ、そうだわ。

そのパンティ、良かったら○○にあげるから好きに使いなさいよ。

その代わりに、私にまた新しいの買ってネ」


ニッコリ笑って俺を見つめる姉。

なんだか姉と店員さんの思う壷に嵌ってしまったように感じる俺だった・・・。

 

おしまい。