大好き 姉のレオタード

僕には6歳年上の姉がいます。名前は由美子お姉ちゃん。

 

お姉ちゃんはスタイルがとっても良くて、そしてやさしくて。だから、僕はお姉ちゃんのことが大好きで、いつもお姉ちゃんのことを思ってオナニーしています。オナニーの時はお姉ちゃんの洗濯前のパンティを使ってします。時々パンティの内側にシミがついている時はすごく興奮して2回とか3回とかオナニーしちゃう時もあります。

 

お姉ちゃんは中学生から大学生までテニスをやっていました。お姉ちゃんの部屋から盗んだ写真が何枚かあって、真っ白のテニスウェアに身を包んだお姉ちゃんが写っています。その写真に向けて、僕は真っ白なザーメンをぶっかけたこともあります。

 

 

 

由美子お姉ちゃんは今はOLです。お姉ちゃんは4月からダンスを始めたらしく、そのことを知った僕は気が気ではありませんでした。だってお姉ちゃんのレオタード姿を想像しただけで、僕のおちんちんはカチカチになってしまったから・・・・

 

今日、僕は仮病で学校を休んで家にいました。お姉ちゃんの部屋に忍び込んで、レオタードを探すためにです。緊張で胸がバクバクしました。いつもは部屋の入り口のカゴにある洗濯前のパンティをさっと盗んで自分の部屋に戻るのですが、今日はその奥に進みます。たんすに手をかけます。パートに出ている母親が帰って来ないか、と思うとドキドキします。由美子お姉ちゃんの部屋に忍び込んだ僕は、息を飲み込んで、獲物を探します。

 

シャツ・Gパン・スカート・・・、靴下、ブラウス・・・パンティ・ブラジャー・パンスト・・・、・・・、・・・、あっ、あった!あったぞ!

 

僕の興奮は最高潮に達しました。これがお姉ちゃんのレオタード!キラキラと光って見える姉のレオタードをまずは床に広げてみました。

 

 

 

これを姉さんが着て、ジャズダンスをしてるのかー。姉さんのオッパイがここに、そして姉さんのアソコがここに密着して・・・。くぅー。もうたまらん!

 

辛抱が効かなくなった僕は、レオタードを鷲掴みして、顔を押し当ててみました。思い切り吸い込みました。むっふぅー。お姉ちゃんの匂いでいっぱいです。僕のおちんちんはもうガチンガチンです。

 

今度は、お姉ちゃんのベッドの上に、ピンクのレオタードを広げてみました。僕にはあたかもお姉ちゃんがそこにいるかのように思えてきました。

 

僕はためらうことなくお姉ちゃんの上にのっかりました。そして腰をカクカクさせます。

 

あぁ。お姉ちゃん、気持ち良いよぅ・・・

 

母親がパートから帰るにはまだ時間があります。僕は密かに考えていたことを実行に移します。それはお姉ちゃんのレオタードを僕が着てみちゃうことです!

 

急いでパジャマを脱いで、パンツも脱いで真っ裸になります。おちんちんの先からは透明な液がどくどく出てきます。でもこんなにちっちゃいレオタード、僕、着れるのかな?

 

少し不安になりましたが、もう後には引けません。ゆっくりと左足を通し、右足も通します。そしてキツキツのレオタードを腰まで上げました。何か締め付けられる感じです。僕のヌルヌルの液がお姉ちゃんのレオタードの内側に少し付いちゃいました。

 

どうしよう。そのまま直接僕の亀頭をお姉ちゃんのレオタードに押し付けていたかったけど、このままだとヌルヌルの跡がついちゃう。僕は仕方なく、枕元にあったティッシュを何枚か取りおちんちんの先っぽに巻きつけました。

 

染み出してくるとまずいのでさらに亀頭の上に3枚つけました。その状態でレオタードを上にあげるとおっきくなった僕のおちんちんと、巻きつけたティッシュのせいでそこの部分だけすごく膨らんで見えて、なんだか変な感じがしました。

 

キツキツのレオタードを伸ばして、肩紐も回して着用は終わりました。お姉ちゃんは身長が165cmあって、割と大柄なんだけど、さすがに175cmの僕が着るとレオタードはもうパンパンです。

 

 

 お尻のあたりや胸のあたりがきつくて、さらに僕のおちんちんは爆発しそうなくらいになっていました。僕はもうたまらなくなってお姉ちゃんのベッドに倒れこみました。

 

あぁ、お姉ちゃん!

 

僕は狂ったように、腰をカクカクさせると、ベッドがギシギシと音を立てました。そして僕はお姉ちゃんの枕に顔を埋めます。お姉ちゃんの匂いが鼻腔いっぱいに広がって、僕はとても幸せな気持ちに満たされました。枕はもう僕のよだれでびしょびしょです。

 

あぁ、お姉ちゃん。僕、こんなにもお姉ちゃんのことが大好きなんだよぅ。

 

今度はお姉ちゃんの枕を腰のところへ持ってきてパンパンになったおちんちんをこすりつけました。考えられないくらいの気持ち良さでした。まるで、本当にお姉ちゃんとエッチしているみたいな気持ちになって僕はどんどん気持ちよくなっていきました。

 

いよいよ僕はたまらなくなってしまい、今度は顔をお姉ちゃんの布団の中に突っ込みました。お布団の中は、僕の大好きなお姉ちゃんの匂いでいっぱいでした。

 

あぁ!お姉ちゃん!僕、ぼく。お姉ちゃんのぉっ!あぁ。お姉ちゃんがっ・・・!

 

僕はわけのわからないことを口走りながら、頂点へ向かっていました。

 

あぁ、もう僕、い、いくっ!お、お姉ちゃん!ッッぅうううーっ。・・・・・・・。

 

はぁーっ、はぁーーっ。ふぅーー。

 

とてつもないくらい、気持ちよい射精感。何度も脈動を続けて、おびただしい量のザーメンの放出は終わりました。僕は体全体の力が抜けて、お姉ちゃんのベッドに倒れこみました。

 

あぁ、ふうっ。--。お、お姉ちゃんんっっ・・・。

 

このまま、お姉ちゃんの部屋で、お姉ちゃんのレオタードを着たままでお姉ちゃんのベッドに寝ていたかったけど、そういうわけにも行きません。僕はレオタードを脱ぐことにしました。あれほど、厳重に何枚もティッシュを付けていたにもかかわらず僕の濃厚なザーメンが染み出てきていてお姉ちゃんのレオタードの内側の一番大事なところにシミを付けていました。慌ててティッシュでふき取りました。

 

匂いも嗅いだけど、もうこの部屋中に僕のザーメンの匂いがしてて、なんだかよくわかりません。お姉ちゃんのレオタードをきれいに畳んでタンスにしまいます。僕の汗も染み込んじゃったかもしれません。

お姉ちゃんにはこのレオタードをそのまま着て欲しいと思いました。ベッドの皺もなおしました。

 

お姉ちゃん、気がついちゃうかな?レオタードのしまい方とか位置とか変だと思うかな?でも、まさか弟の僕がこんなことまでしたなんて思わないだろな。弟がお姉ちゃんのレオタードを着て、お姉ちゃんのベッドでオナニーをして、射精しちゃっただなんて。

 

そんな変態の僕。あぁ、僕なんてことしちゃったんだろ。大好きなお姉ちゃんに嫌われたらどうしよう。でも、本当に僕、我慢できなかったんだ。そして本当にお姉ちゃんのこと大好きなんだ。

 

今夜は、まともにお姉ちゃんの顔が見れそうにない。