全裸の姉と脱衣所で遭遇!


急の夕立にあってしまい、体がずぶ濡れになり家にたどり着いた俺。
濡れた服を脱ぎながら、脱衣所に飛び込んだところ、
俺はぶったまげてしまった。

なんと、そこには全裸の姉がいたのだ!




















突然、俺が服を脱ぎながら入ってきたのだから、当然姉もビックリしている。
俺はかろうじてトランクス一枚は穿いていたのだが。

「ね、姉ちゃん、ゴメン・・・。
入ってたなんて、知らなかったから」

「う、ううん。
いいの・・・」

何だか気まずくなる、俺たち二人。
しかし俺は、この偶然を、ラッキーと受け止めていた。

俺の姉は、6歳年上なのだが、結構な美人だ。
彼女もできず根暗な俺は、いつしか姉のことを、
性的対象として意識するようになってしまっていた。
まあ、ぶっちゃけ実の姉をオナペットにしていたっていうわけだ。

小っちゃい頃は、お風呂に一緒に入ったこともあるらしいのだが、
それも俺がまだ幼い時のことであり、ほとんど記憶は無い。
今回、一瞬でも見ることができた、姉の裸体を、しっかりと目に焼き付けて、
後でオナニーする時にじっくり思い出すことにしよう。

さてと、このまま姉と一緒に入浴するわけにもいかないので、
とりあえず居間にでも行ってようかな・・・。

姉の裸体を、まぶたに焼付けた俺は、そそくさと脱衣所を出ようとしたのだが、
なんと、姉は俺のことを引き止めたのだ。

「あ、待って。
いきなり入ってきたから思わずビックリしちゃったけど、
そのままにしてたら、風邪ひくわよ。
一緒に、シャワー済ませちゃいましょう?
随分、濡れたんでしょう?
ひどい夕立だったよね。」

「えっ?あ、う、うん・・・」

曖昧な返事をする俺だが、心の中では歓喜の雄たけびを上げていた。

(うっそぉお~~ッ!
姉さんと一緒にお風呂に入れるのぉおッ!)

こっそりオナペットとして崇めている姉のカラダ!
その姉の生まれたままの姿を拝めるばかりでなく、
一緒にお風呂に入れるんだなんて、
まるで夢みたいだ!

こんな状況で、興奮しないわけがない。
案の定、俺の愚息はすぐに反応し、あっという間に勃起してしまった。

や、やべえ。
姉ちゃんに気づかれたらどうしよう・・・。

「何してるの?
早く、シャワー浴びちゃわないと、
体冷えちゃうわよ。」

そう言いながら、俺の手を引く姉。
体が向かい合わせになった瞬間、
俺の下半身の状態が姉にバレバレになってしまった。

「あっ、・・・。」

くぅーーー。
ばれちまったよ・・・。
最悪だぁ。
どうしよう。

すると、姉の手がすぅ~~っと伸び、
なんと、俺の局部の膨らみ部分に触れてきたのだ

「ねえ?
どうして、ココこんな風になってるの?」

目を丸くさせて、トランクスを突き上げる隆起をじっと見つめる姉。

「そ、それは・・・」

なんて答えていいか分からず、口ごもる俺。

躊躇していると、姉は、なんとババッと俺のトランクスをずり下ろしたのだ!

「あっ、ちょ、ちょっと!」

「こんなの穿いてたら、シャワー浴びれないでしょ」

抵抗もむなしく、俺の下半身は、まざまざと姉の目の前にさらけ出されてしまった。
マジマジと俺の童貞チンコの観察を始める姉。

「わぁ、すごい。
昔と随分、違ったカタチになってる・・・。
アサガオみたいに、先っちょが袋みたいになってたはずなのに、
それが、こんなに剥けちゃって・・・。
○○も、もうオトナになったってことかぁ。

それに色だって全然違うわ。
昔はもっと綺麗なピンク色だったのに、なんか黒ずんじゃってる・・・。
ちょっとさ、オナニーのし過ぎなんじゃない?」

俺のチンコをさんざん鑑賞し、好き勝手なことを言う姉。

「姉ちゃん、そんなにジロジロ見ないでよ。
俺、恥ずかしいよ」

「恥ずかしがるコトなんかないじゃない?
私たち、姉弟なんだから。
さ、背中流してあげるから、
早くお風呂場に行こ?」

そして、浴室に入った俺たち。
俺のチンコは依然として、完全に勃起したままだ。
姉の裸をこんなに間近にして、収まるわけないよ。

「さ、こっちに来て」

そんな俺のことを気にもしないで、俺の手を引く姉。
思わず、フル勃起状態のチンコが、姉の腰の辺りにぶつかってしまう。

「うわっ!
何よ、これ?
ガッチンガチンじゃない!」

「ご、ごめんなさい・・・」

「別に謝らなくてもイイけど。
お姉ちゃんのハダカ見てたら、興奮しちゃったの?
おかしな子ね」

「そ、そういうわけじゃ・・・」

「ふぅ~~ん。
でも、そんなだと、邪魔でカラダ洗うことできないよ。
困ったわねぇ」

しばし、腕を組み思案していた姉が、
ポンっと手を打った。
何やら妙案を思いついたらしい。

「それ、ちょっと邪魔だからさ、
まず先に、そっちをスッキリさせちゃおうかしら!」

「ぇえっ?
スッキリって、どうやっ・・・」

俺が姉に聞きかけたところで、いきなり姉は俺の下半身へと頭を寄せてきた。

次の瞬間、俺は腰が抜けそうな位の衝撃に襲われた。
「わわわぁっ!」

「ちゅぱっ、ちゅぱぁああっ!」

「ね、姉さんッ??
な、何するのぉ?」







姉は、俺のチンコを咥えたまま、顔を上げ、ニッコリと微笑んだままだ。

童貞の俺にとって、初めて体験する、女性の舌による性器愛撫。
しかもそれをしているのは、実の姉!

姉のことを性的に意識しはじめてから、
実はオナニーの時に、姉にフェラされるのを妄想しながら、したこともあった。
姉のことをオナペットにするだけでも、罪悪感があるのに、
姉の綺麗な唇で、俺の汚いチンコを咥えてもらうと考えると、
それは、たまらない背徳的があり、最高に気持ちが良かった。

それが、何と!
今、現実に、姉が俺のチンコを、口腔奉仕してくれているのだ!
もう最高だよ!

はじめてフェラチオを体験する俺にとって、姉の口撃は激しすぎた。
姉の唇・舌が縦横無尽に、俺の亀頭や肉棒をかけめぐる。
そして、指では俺のタマタマを揉んでくれている。

精嚢の中では、もう精子が沸騰直前だった。

「ね、ねえちゃん・・・。
お、おれ、俺、もうぅ、イきそう・・・」
姉の頭をゆすって、懇願する俺。

姉は、コックリと頭を下げうなずく。
だが、姉はフェラチオを止めようとしない。

それって、姉ちゃんのオクチで出してイイってこと?
口内射精してもいいの?
姉ちゃん!俺のばっちぃザーメン、姉ちゃんのお口に出していいんだね!

俺は、嬉しくなって、腰をバンバンと前後させ、姉の顔にぶち当てる。
なんだか、フェラチオなんだかイマラチオなんだか分からない状態。
いい加減、もう我慢の限界だあ!

「俺、イク!
姉ちゃん!
イクよぉおおおっ!」

断末魔の叫びとともに、射精を開始する。
怒涛の勢いで、姉の喉奥深く突き刺さる俺のザーメン。

その射精の瞬間、俺のチンコに快感の渦が湧き上がった。

「うはぁっ!」

精液が吹き出る、正にその時に、
姉のバキュームフェラが炸裂したのだ。
射精の脈動に合わせて、吸引が繰り返される。

なんて気持ちいいんだぁあ!

これまで生きてきた中で、最高の射精感だった。
尿道に残る精液を根こそぎ姉に吸い取られ、
ようやく姉のフェラチオは終わった。

「ふぅっ・・・。
随分イッパイ出たわね。
ちょっと苦かったけど、全部飲んじゃった・・・。」

姉は口を開け、舌をペロっと出す。
そこには、もう俺のザーメンは残っていなかった。

フェラチオしてくれた上に、更に全部飲んでくれたんだ・・・。
俺はとても嬉しくなってしまい、姉に抱きついた。

「さあ、これでスッキリしたでしょう?
ほら、今度は体洗ってあげるから、こっちおいで!」

そう、姉は言うのだが、実はそうはいかない事情が俺にはあった。
俺は手を腰に当て、ズンッと姉に眼前に突き出した。
そこには、依然として天を衝いている俺のフル勃起チンコがあった。

「えっ?どうしてよ?
いまさっき、あんなに出したばっかりなのに、
なんで、そんななのよ?」

「姉ちゃんのハダカ見てたら、収まりが付かなくて・・・。」

「もうっ!
仕方ないわねっ!
この中に入っている、エッチの素、
全部吸い出さなきゃ、いけないみたいね!
もう一回いくわよっ!」

そう言って、姉のフェラチオ第2回戦が始まったッッ!!!