僕の姉はGパンがとても似合います


僕の姉はGパンがとても似合います。

程よいボリュームと、締まったヒップに、

ジャストサイズのムッチムチジーンズを履いた姉の後ろ姿は、

本当に神々しいと言っていいほどです。

姉と一緒に外出する時、僕はコッソリ背後から姉のことを盗撮します。

ひどい弟ですよね。

 

実姉のお尻を盗撮しているのですから。

 

せっかくだから、僕の姉さんのナイスなヒップを皆さんにもお見せしますね。

こんな感じです。

信号待ちの時とか、グッドタイミングです。

iPhoneでLINEのチェックする振りして、無音アプリで盗撮します。

こうして見ると、同じ姉のケツでも、Gパンの形状のせいなのか、見映えが異なりますね。それぞれ味わい深いものがあります。

↑コレなんか、結構お気に入りですね。

Gパンの生地がピッタリと姉の尻にフィットしてます。

この時は、思わず姉のお尻にしがみ付いて、頬擦りしたくなったのを、必死に思い留まりましたよ。

何せ、公共の場ですからね。

↑コレコレ!

この時も、超絶ヤバかったです。

生地が薄めのホワイトジーンズなんか履いちゃって、パンティラインが透っけすけ!

もう俺のチンコは、即フル勃起。

公衆の面前で、チンコ取り出して、姉の股間へ肉棒を押し付けたくなったのを、必死で我慢したんだよ。

興奮のあまり、手元が震えちゃって、画像がイマイチなのは勘弁してくれよな。

 

そして、コレ!

そう、電車の中で、姉を盗撮したんだよ。

このGパンも尻肉に密着していて、姉のヒップ感が実に良く堪能できる、僕のお気に入りの一つ。

そして、この後、電車が混んできたんだ。

どさくさに紛れて姉の背後にスタンバイ!

ドッと押し寄せる人混みに合わせて、股間を押し付けたら、もうパラダイス!

なんて気持ち良さ!

ああ。アレは極上の時間だったなあ。

 

 

こんな感じで、外出先で良く姉のことを盗撮するんだけど、もちろん家の中でも同じだぜ。

 

こないだは、超ラッキーなことに、姉が床掃除してるところに遭遇!

またとないシャッターチャンス!

 

 

 

くはあ!何コレぇえっ!

最高のシチュエーション!

胸をバクバクさせつつ、必死で気配を消して、姉の後ろに忍び寄る僕。

 

ああ!今、僕の眼前に憧れの姉のお尻がある!

たまらんな、これはぁあー!

床を拭くリズムに合わせて、姉のヒップも左右にグラインドする。それにパンティもチラ見したりしてて、もう最高だよ、姉さん!

 

その様子を動画に収めた後、ソッコーで部屋に戻る僕。

 

何をするのかって?

 

オナニーに決まってるだろう!

 

iPhoneで今さっき撮ったばかりの動画を再生させ、PCではこれまで撮り集めた姉のヒップ画像をスライドショーで再生させて、準備は万端だ!

 

痛いくらいに勃起したチンコを取り出し、オナニー開始だ。

 

動画と画像を見ながらも、僕の脳内では、Gパン姿の姉が僕の体に乗っかって、お尻を突き出している光景を妄想する。

 

僕の脳内では、こんな感じの映像が再生されているんだ。

姉の尻肉の芳香が、Gパン越しにムンムンに伝わってくる。

もう、僕の亀頭はガマン汁でビッショビショ。

 

そろそろフィニッシュを迎えようになる頃、

僕の脳内では別のイメージが再生される。

 

さっきまで僕の目の前にあったGパンヒップが、

僕のチンコの上に乗っかってくるんだ。

 

ざらついたGパンのヒップと、僕の敏感な亀頭が擦れ合わさると、もう一瞬でイキそうになる。

 

ムッチムチの姉の尻肉にスッポリと収まった僕のチンコ。

その場所は、僕にとって最高の聖域!

その聖域に向かって、僕は白濁液をぶちまける!

 

「ああぁあーーーッッ!

姉さーーーんっ、イクぅうう!」

 

 

姉の部屋からこっそり盗んでいた、お古のジーンズに、僕は思い切り射精する。

 

正に至福の一瞬です!

 

ああ!最高だよ、お姉ちゃん!!