俺の姉は不思議ちゃん

 

俺の姉は不思議ちゃん。姉はそこそこ美人で、スタイルも抜群ですが、その行動は、いつもどこか変です。こないだは、こんなことがあったのです。台所のテーブルで、姉が何かしていました。向こう側を向いているので、よく分かりません。反対側へ回ってみると、何と姉はソーセージを頬張っているのです。

 

 

 

 

ソーセージを頬張っていると言っても、それを食べているわけでもなく、何やら口をもごもごを動かして試行錯誤している様子なのです。

 

「な、何やってるの?姉貴・・・」

 

姉は俺の目を見て、片手を上げました。

 

(ちょっと、待って)

 

と言ってるみたいです。しばらくすると、ソーセージは半分ほど姉の口に入り込んでいきました。

 

「んぐっ。んんっ!ぷはっっ」

 

姉の嗚咽と一緒に口に咥えていたソーセージがテーブルに転がり出てきました。そのソーセージを見て、俺はびっくりしました。あろうことか、ソーセージにはコンドームが装着されていたのです。

 

「はあ?姉貴っ!何やってるんだよ?」

 

「えへっ!

 ちょっと、練習してたの・・・」

 

「練習って、一体何の?」

 

「うん。実はね、今つきあってる彼がさ、エッチの時、いつもナマでやりたがって困ってたんだ。ナカ出しされちゃう時だってあるし・・・。ゴム付けてって、言っても全然聞いてくれないから、今度から、アタシがお口でゴム付けてやろうって考えたわけよ。それでね、これで練習してたの」

 

「ッッ!」

 

全く姉は、何てことを!俺は、返す言葉も無く、姉の前に立ち尽くしていた。

 

「あっ、そうだ!イイこと思いついちゃった。ねぇ、○○。ちょっとさ、お姉ちゃんに協力してくれない?」

 

「協力って、何?」

 

「ソーセージでは、何とかできたんだけどさ、本物でちゃんとできるか、試してみたいの。ね?○○のオチンチン、ちょっと貸してよ」

 

「えぇえっ!?な、何言ってんだよ!姉貴ぃっ!」

 

「いいじゃん、ね。お願い・・・。本番の時にうまくできるか、自信が無いの」

 

「む、無茶言うなよ。俺達、姉弟なんだぜ。そんなこと、まずいだろ」

 

「別にいいじゃん。実際にエッチするわけじゃないんだし。ね、つべこべ言わないで、お姉ちゃんの言う通りにして」

 

そんなこんなで俺はテーブルの上に座らされてしまった。

 

「はい、じゃあ、おズボン脱いでね。パンツも一緒に降ろしちゃうよ」

 

「あぁっ!」

 

あっという間に、俺の下半身は剥き出しにされてしまった。

 

「じゃあ、○○、始めるよ。さっそくだけど、まずはコレ大っきくしてよ」

 

「そ、そんな。いきなり言われても、すぐには無理だよ」

 

「何よ~。だらしないオチンチンね!仕方ないわね。アタシが大きくしてあげるわ」

 

そう言うと、姉の頭が俺の股間に近付いて来た。

 

「あぅっうっ!」

 

俺のチンコは、いきなり姉の口に咥えられてしまった。姉の舌が俺のフニャチンを舐め上げるッ!姉の舌戯はあまりにも気持ちが良く、あっという間に、俺のチンコはガチガチの完全勃起状態になった。姉の口がはずされる。にちゃあ、と唾液が糸を引いている。

 

「さ、準備OKね」

 

姉はコンドームの封を開け、自分の口へ嵌め込んだ。Oの字に口を開け、姉の顔が再び俺の亀頭に迫ってくる。

 

「うぅっ!」

 

またしても、コンドーム越しに再開された姉のフェラチオ。今度は、ゆっくりと、亀頭の先からじわーっと、咥え込まれていく。カリの部分に姉の唇がさしかかった。ゴム越しとはいうものの、何とも言えない快感が俺の脊髄を貫く。

 

(あぁっ、き、気持ち良いッ!)

 

このままだと、イッちまう。

 

「あ、姉貴っ!駄目だ。

 いっちゃうよ。一回はずしてっ!」

 

姉の口が、俺のチンコからはずされた。手のひらにコンドームを、ぺろっと吐き出す姉。

 

「もうっ!まだ付け終わってないのに。これじゃあ、練習にならないじゃない!そんなに、気持ちよかったの?」

 

「う、うん」

 

「これ、無駄になっちゃったでしょ」

 

そう言って姉は、コンドームをもう一個取り出した。

 

「今度は、もうちょっと我慢してよね」

 

姉は再び、ゴムを口にし、俺のチンコを咥える。

 

(くっはあぁっ!やっぱり、気持ち良すぎるよっ!)

 

じわっじわっっと、根元部分まで咥えこんでいく姉。

 

「ダ、駄目だあぁ。あ、姉貴ぃっ!」

 

あともう少し、されていたら、イッていただろう。その直前に姉の口がはずされた。

 

「ぷはぁっ。ふぅう。今度はちゃんとできたわ。何とか、辛抱できたようね、○○。ほらっ、見て。ちゃんと付けられたわ」

 

「あっ、本当だ」

 

チンコの根元まで、ゴムは装着されていた。

 

「大体これで、感じは掴めたわ。○○。協力してくれて、ありがとね。それじゃね。バイバイ。」

 

そう言って、姉は行ってしまいそうになる。

 

「そ、そんな・・・。姉貴、ちょっと待ってよ」

 

あと、もう少しでイキそうだったのに、これじゃ、蛇の生殺し状態だ。

 

「何?」

 

「ちゃんと最後まで、面倒見てよ」

 

「どういうこと?」

 

「もう少し、してくれよ」

 

「射精したいの?」

 

「う、うん、そりゃあ・・・、まあ」

 

「自分ですればいいじゃない?」

 

「姉貴にしてもらいたいんだ。だって、その方が気持ちいいからさ」

 

「お姉ちゃんのお口、気に入っちゃったの?」

 

「う、うん」

 

「わかったわ。○○」

 

姉の口が再び、俺のチンコを頬張る。

 

「んぐっ」

「あぅうぅ」

 

姉の頭が激しく前後する。瞬く間に、俺の絶頂が近付く。が、またしても姉は口をはずしてしまうのだ。

 

「え?姉貴、もう少しなのに。どうして?」

 

「えへっ。○○のオチンチンしゃぶってたら、お姉ちゃんも何だか、ちょっとしたくなってきちゃった」

そう言うと姉は、テーブルの上のゴム付きソーセージに手を伸ばした。

 

「○○は、そのままイッていいのよ。今度は、我慢しなくていいからね。お姉ちゃんは、勝手にやってるから」

 

姉はスカートを捲くり上げ、パンティをひざのあたりまで降ろした。そして、右手に持ったキュウリを自らの股間にあてがった。

 

姉のオマ○コにキュウリが挿入されていく。

 

「あぁ。はぁんっぅ」

 

トロンとした目で、姉は吐息を漏らす。そして再び、俺のチンコを咥える。

 

(すげえ・・・。姉貴、俺のチンコ、フェラしながら、自分でオナってる)

 

自らに刺激を加えたことで、姉の口淫はいやらしさを増してきた。俺はたまらず、姉の肩口を、掴む。

 

「っうぅッ!あ、姉貴ぃ!俺、イッちゃうよ!」

 

ゴムしてるし、姉の口にこのまま射精していいよな。俺の我慢は、限界に達していた。

 

(ぃい、いっっ!)

 

射精感が高まるっ!が、姉はまた、中断してしまったのだ。

 

(えっ?どうして。今、もうイクとこだったのに・・・)

 

俺は、泣きそうになりながら、姉を見る。すると、姉は思いがけないことを言う。

 

「ね、○○。お姉ちゃんの、ココに入れてみる?」

 

「ぇええっ!?」

 

「ホントのおちんちんが目の前にあるのに、こんなのでしてるなんて、何か、もったいないじゃん。ね、しようよ、○○」

 

「で、でもそれって、近親相姦になるんじゃ・・・」

 

「細かいことにこだわらないの。ちゃんとゴムだって付けてるし、問題ないでしょ。それとも、○○はお姉ちゃんとじゃ、イヤ?」

 

「そんなこと無いけど。姉貴、本当にいいの?」

 

「いいわよ。さ、しよ。○○」

 

テーブルに半分腰掛けた状態の俺に、姉は立ったまま、腰を押し当ててきた。姉の秘部は、もう充分に濡れそぼり、俺のチンコはあっさりと、吸い込まれてしまった。

 

「っうぁあ!」

 

俺は歓喜の声を上げる。射精寸前のチンコが、幾重の襞々に包まれ、その気持ちよさって言ったら、もうたまんなかった。そんな俺に構わず、姉の腰のスピードが上がる。

 

「っっ!んくっ!いいぃ!ぃいい!気持ちいいっ。やっぱ、生のオチンチン、いい!」

 

姉は淫らな言葉を連発する。俺の興奮はいよいよ高まる。

 

「ぅううっ!姉貴ぃいっ!お、俺ぇ、いくよ、駄目だぁ。もう我慢できないっ!」

 

「イッって!○○ぅっっ!アタシもっ。お姉ちゃんもイクから。あ、あぁ。あはぁっん!」

 

姉の腰のグラインドが、前後左右に、滅茶苦茶激しくなる。

 

「あぁっ!!姉貴ぃぃぃぃっ!」

 

俺は姉の細い腰を、折れんばかりの力で抱き寄せる。

 

「い、いやーーっっ!いいぃぃ!いっちゃうぅぅ!」

 

姉が髪を振り乱し、首を振る。たまらず、俺のチンコが脈動を始める。ドクッ。ドクッ!それに合わせるかのように、姉の膣がキュウゥッ、キュウゥッと締まる。何て気持ちがいいんだっ!姉は俺の体に倒れこんできた。そして、ビクッ、ビクッと小刻みに震えている。

 

「っっんん・・・。

 あっはぁん」

 

しばらくの間、俺達姉弟は、テーブルの上で折り重なったままだった。最初に姉が身体を起こす。ぬらぁっと、俺のチンコが姉の膣からずり出てきた。コンドームの先には、たっぷりのザーメンが詰まっている。姉はゴムを俺のチンコからはずしてくれた。

 

「随分たっぷり出たのね。気持ちよかった?○○?」

 

「うん。あり得ない位、

気持ちよかったよ、姉貴」

 

「アタシもよ。何か、彼とするより、良かったかも」

 

そう言って、姉は俺の顔に近付いて来た。姉の唇が、俺の唇に重なる。

 

(あぁっ、姉とのキス・・・。何て、柔らかい唇なんだ)

 

姉とのキスは何とも言えず気持ち良く、俺は、射精したばかりだと言うのに、またしても勃起してきてしまった。

 

「あ、やだ。

 ○○。どうしちゃったの、これ」

 

ぴったり密着していたのだから、姉にも気付かれてしまった。

 

「ふふっ。さすがに、○○、若いねっ!じゃ、もう一回しよっか?」

 

そう言って、姉の身体がのしかかってきた。姉はいきなり、俺のチンコにオマ○コをあてがう。

 

「え、あ、待ってよ。姉貴、ゴム付けなきゃ」

 

「いいの、いいの。そんな面倒くさいことしないで・・・」

 

そう言って、姉は完全にチンコを挿入してしまった。

 

「うわぁあっ!」

 

姉の膣内のひだひだが、もろに亀頭に感じられ、俺はもう卒倒しそうになった。

 

「あ、姉貴ぃっ!あぁっ、っくッ!すげえぇえ!」

 

姉はさらに腰を押し付けてくる。俺の肉棒が更に奥地へと入り込んでいく。

 

「あぁっ!これよ!やっぱいいわ!本ナマちんこぉっ!」

 

「あ、姉貴ぃっ!俺も、俺も気持ちいいぃ!」

 

昇り詰めていく意識の中で、俺はふと思った。はて?姉貴、もともとナマでされるのはイヤなんじゃなかったっけ?

 

「姉貴ぃ!ゴム付ける練習しといてさ、実は生のチンコの方が好きなのかよ?どっちなんだよ、姉貴?」

 

「っんん!やっぱ、コッチがいい!生のおちんちん最高ッ!ヤバいって思っても、 だって、だって!気持ち、いいんだもん!ああぁんんっ!」

 

姉はテーブルの上に乗っかってしまい、俺を跨ぎこんで、腰を激しく動かし始めた。

 

「○○のさ、カリの部分が大きいんだよ。そこがね、ひっかかってチョー気持ちいいの。駄目ぇっ!もうアタシッ・・・。いいぃっ!」

 

「あ、だ、駄目だよ。そんなに動いちゃ・・・。やばいよ!姉貴ッ!」

 

「何よっ!さっきイッたばっかりなのに、もうイクの?もうっ!もっと。もっとよ!お姉ちゃんのこと、最後まで感じさせてよね!」

 

姉は、猛然とした勢いで、お尻を上下に動かす。これはたまったもんじゃない。俺は姉の背中に手を回し、ひっかくようにした。

 

「あぁ、あ、ぁ、っ!」

 

俺は声にならない声を上げて、必死に耐えた。

 

「はぅうっ!あぅううっ!もう少しよっ。ほらっ!あぁああん!」

 

大きなグラインドから、今度は小さなストロークに変わり、姉の腰が振動を繰り返す。 

 

「そ、それっ、いいよっ、姉貴ぃっ!駄目だあ!俺、もう我慢できないよおお!」

 

ズンッ、ズンッ、ズンッというリズムに合わせて、姉の髪の毛がユサユサと揺れる。

 

「イクの?○○?我慢できないの?」

 

「あぁっ!っくはっ!あ、姉貴いいぃぃぃっ!」

 

俺はたまらず、射精を開始した。姉の膣の中でだ。

 

「くふっ!」

 

「えっ!?ま、待ってよ!何?○○!ダメっ。中で、中で出しちゃダメーッ!」

 

姉が腰を引き、逃げようとする。

 

「あぁああっ!姉貴のオマ○コッ!最高だあぁっ!」

 

「ダメエーーェッ!!やめてぇえ!」

 

もう遅い。俺の尿道からは、精液がほとばしり始めている。姉の膣の収縮が、俺の生チンコを包み込む。その奥深く放出される俺のザーメン。

 

「いやっ!イヤイヤッ!」

 

姉は身体をぐるぐるさせ、俺を振りほどこうとするが、俺は姉の背中に回した腕をガッチリと離さない。

さすがにまずいとは思ったのだが、生で姉のオマ○コへ出してしまいたくなったのだから仕方ない。ゴムの中で放出した時とは、全く異質の気持ちよさ。射精が終わり、俺は完全に満たされた気持ちになって、テーブルの上にぶっ倒れた。

 

「っはぁああ!キッもち良かったあ!」

 

にゅるりと姉のオ○ンコから、はじき出される俺のイチモツ。射精したのに、まだ硬度を保っている。仰向けになっている俺に、姉の顔が近付いてきた。あ、またキスしてくれるのかな?俺の甘い期待は、あっさりと裏切られた。ビタンッッ!俺の頬が、姉の平手打ちをくらった。

 

「何するのよ!バカッ!誰が中で出していい、なんて言ったのよ!」

 

「そ、それは、あまりにも気持ちよくて、あの、その、そのままイキたくなっちゃったから・・・」

 

「もうっ!妊娠しちゃったら、どうすんのよ!」

 

姉は真っ赤になって怒っている。

 

「多分、今日は大丈夫だとは思うけど。完全な安全日なんて、ないんだからね!」

 

「そんなこと言ったって、最初にゴム無しでハメてきたのは、姉貴の方だぜ。姉貴にだって責任はあると思うけど」

 

バシッッ!もう片方の頬に、姉の平手打ちが飛ぶ。

 

「いっ、痛ってえぇ。何だよ、姉貴、痛いよ・・・」

 

「フンッ!アタシのナカに出した罰よ!これくらいで許されると思わないでよね!実の姉に中出ししたんだから!弟のクセに。ほらっ、今度はこうしてやるっ!」

 

「ぇええっ!?ちょ、ちょっと待てよ、姉貴。一体何を・・・?」

 

俺が驚くのも無理はない。姉は、テーブルの上にずっかと立ち上がり、そして俺の顔めがけて、しゃがみこんできたのだ。

 

「っうわあぁっ!」

 

姉の局部が俺の鼻っ面に押し当てられる。姉の淫液、そして、俺のザーメンが混じり合った、何とも言えない、淫猥な匂いが充満している。しかも、姉は腰をぐりぐりして、オマ○コを、俺の目やら、鼻やら、口やらに、ところ構わず、こすり付けてくるのだ。

っんん。んんぐぅぅ」

 

俺は、手足をジタバタさせるだけで精一杯だった。

 

「ほらっ!綺麗にしなさいよっ!アンタがばっちくしたんだからね。○○のお口でキレイにしてもらうんだから」

 

なんて要求だ。が、姉に従う他はない。

 

俺は諦めて、舌を出し、姉の秘部を舐め上げる。しょっぱい様な、酸っぱいような、何とも言えない味だ。

 

「きゃん!何よ!そんな、犬みたいに!」

 

「姉貴が、しろって言ったんだろ」

 

俺は、姉に言い返し、返す刀で、姉のクリトリスに舌を伸ばす。ぴちょおっ!

 

「ゃ、ぁゃんんッ!」

 

的確にヒットしたようだ。

 

「もうっ!何するのよ!こうしてやるっ!」

 

姉は何やら、下半身に力を入れているようだ。すると、何てことだ!姉の膣口から、俺のザーメンが練り出されてきたのだ。それと同時に姉が、オ○ンコを俺の顔にぐりぐりと押し当てる。

 

「や、やめろぉっ!」

 

俺の抵抗も空しく、俺は顔中に自らのザーメンを塗りたくられてしまった。もちろん俺のザーメン以外に、姉の淫液も含まれているとは言え、決して気持ちの良いものではない。姉は、スックと立ち上がり、俺を見下ろす。

 

「フフンッ!参ったか!アンタの汚いザーメンよっ!どう?どんな気分?」

 

顔中に精液+姉の淫液をまぶされ、俺は目も半分位しか開けられずにいた。

 

「あ、あぅ、ぅう・・・」

 

「何よ、話すこともできないの?バッカじゃない。あ、そうだ。イイコト思いついちゃった。こっち来なよ、○○」

 

俺は、姉の言うなりになり、薄目を開けながら、姉に付いて行く。着いた場所は浴室だった。シャツを脱がされた俺。ここで、洗い流せ、ということだろう。浴室に一人で入ろうとすると、姉も裸になりながら、一緒に入ってくる。

 

「いいよ、一人で、できるから」

 

俺は姉を手で振り払う。

 

「何よ、その態度は?まだ、終わっちゃいないんだからね。さっさと、そこに、座んなさいよ!」

 

「え?洗ってくれるの?姉貴・・・」

 

「そうよ、洗ってあげるわ。ただし、アタシのオシッコでよ!」

 

「ぇええぇーー!?姉貴のオシッコぉお?や、止めろよ!俺、そんな趣味無いって!」

 

「アンタに拒否する資格なんてないのっ!ほら、早く!」

 

「ひ、ひどいよ・・・、姉貴・・・

俺は半べそになって、浴室のタイルに座り込んだ。

 

「フンッ。メソメソしやがって。そんな風にしたからって、絶対に許さないからね」

 

姉はバスタブに片足を上げた。姉の局部が露わにされる。俺の頭を片手でむんずと掴み、自分の股間へと引き寄せる。

 

「じゃあ、キレイにしてあげるわ。こっちむいてごらんなさい、○○」

 

「ぅうぅ、・・・。姉貴が、こんなドSだったなんて、俺、知らなかったよ」

 

「何言ってるのよ、アタシはSなんかじゃないわよ」

 

「充分、Sだよ。だって、姉貴、こんなことしながら、今見ると、なんか濡れてるぜ、あそこ」

 

「うそよっ!そんな・・・。濡れてるわけないでしょう?」

 

姉はあわてて、自分の股間を覗きこむ。

 

「っっ!!やだ・・・。本当。濡れちゃってる、アタシ。どうしちゃったの、アタシったら!」

 

「だから、姉貴はドSなんだってば。それも真性のね。」

 

「じゃあ、アンタはどうなのよ!○○!ほらっ、これよ!これは、どういうことなの?説明できる?」

 

姉は素足で、俺の股間をまさぐってきた。

 

「っかはぁ!」

 

「アンタだって、勃起してんじゃない。しかも、さっき二回も出したばっかのクセに・・・。アンタの方こそMなんでしょ、そうでしょ、○○」

 

姉の足指で、亀頭をいじられる俺。そう、俺は、勃起していたのだ。姉に顔の上から跨られ、股間を押し付けられたあげく、今からオシッコをかけられる、という屈辱的状況下において、俺の息子は何を考えてか、何を期待してか、海綿体を充血させてしまっているのだ。

 

俺はMなのか?真性の?しかも相手は、実の姉なのに!その時、俺の頭の中のどこかで、ぱあんっと音がして、何かが弾けたような気がした。もうどうなってもいい。姉と一緒に堕ちてしまおう、と思った。

 

「姉貴ぃ、・・・」

 

俺は声を振り絞って言った。

 

「何よっ!○○」

 

「姉貴のオシッコ、俺にかけてくれえ」

 

「はんっ!やっぱり、○○。アンタは筋金入りのMね!しようがないわね、そんなにアンタがお姉ちゃんにオシッコかけて欲しいっていうんなら、考えてやってもいいわよ」

 

「頼む。姉貴ぃ、お願いだ・・・」

 

「何ですって?頼む?姉貴?お願いだ?アンタ、何て口のきき方してんのよ。言葉使いからして、なってないんだよ、お前は!」

 

「は、はひ・・・」

 

「しっかりと答えろよ。あ?」

 

姉はSMプレイを楽しんでいるのだろうか?それとも地でやっているのだろうか?が、それは俺にしても同じことだった。このシチュエーションにはまってしまい、俺だって、すっごく興奮してきているのだ。

 

「は、はい、ごめんなさい、じゃなくて、もっ、申し訳ございません。」

 

「ふんっ。じゃあ、○○。お前は、アタシに何をしてもらいたいんだい?もう一度、言ってごらんなさいよ」

 

「お、お姉さまのオシッコを・・・、聖水を、私にかけていただけますでしょうか?」

 

「何ぃ?アタシのオシッコをお前にかけろだって?何で、そんなことをしなきゃいけないんだい?大体、お前は仮にも、アタシの弟だよ。そんなこと言う弟なんて、世界のどこにも居やしないよ!」

 

「お、願いします、どうかお姉さまの、お姉さまのおしっこを、この僕に!」

 

「どうしようもない、変態だね、こいつは。それじゃあ、世界で一番優しくて、素敵なお姉様が、ブサイクな弟に、オシッコしてやろうじゃないか。かけてやるよ、お前に。アタシのオシッコを。ほら、顔をあげなさいよ」

 

「い、頂けるのですか?お姉様のオシッコ、もとい、聖水を!」

 

「ほらっ、変態ドM野郎のお前にくれてやるよ!いいかい?」

 

「あっ・・・。はぁ・・・」

 

俺は口を半開けにして、呆けた顔で、姉の聖水を待ちわびる。

 

「いくわよ」

 

ちろっ、ちろっ、・・・、シャシャシャーー・・・。姉の尿道から、少しづつ出てきた黄金色の液体は、すぐに、勢い良く放物線を描いて、俺の顔正面へぶち当たってきた。

 

「あ、あ、あぅ、あぅ・・・・」

 

俺はもう、完全におかしくなっていた。口を半開きにしながら、姉の聖水を浴びる。その時俺はきっとウスラ笑いを浮かべていたに違いない。俺は両手を、頬に当て、顔を洗うように、姉のオシッコを顔全体で味わう。

 

「ほらっ!浴びてるばっかでいいの?変態クンッ?」

 

「あぅうっ。は、はいぃひっ?」

 

俺はろくにしゃべることもできない。

 

「呑んだっていいんだよ、ほらっお呑みっ!」

 

そう言うと、姉は自ら、腰の角度を変え、俺の口辺りに、オシッコの下降線を合わせたのだ。ビチャ、ビチャッ、ビタビタビタ・・・・。俺の口の反応が遅れ、姉のオシッコはそのまま床に零れ落ちてしまう。

 

「何やってるのよ!何、勿体無いことしてるの?そんなことが許されると思って?」

 

姉は片足をバスタブに掲げたまま、右手の親指を、俺の口に押入れ、むんずと開いた。

 

「っかはぁ!」

 

開かれた口から、注ぎ込まれる姉の聖水。最初の数滴は歯にぶつかる。そして、ベロにも。歯茎にも。

 

「どう?おいしい?」

 

口をだらしなく開いたままの俺には言葉を返すすべもなく、犬のように、ただうれしそうに首を縦に振るだけだった。

 

「ほら、そろそろオシマイよ」

 

姉がそう言うと、オシッコの勢いが強くなった。姉は更に俺の口を大きく広げ、オシッコは口腔奥深く、直接注ぎ込まれることとなった。喉の奥深く、突き刺さるように、注入される姉の聖水。俺はたまらず、むせ返ってしまった。

 

「げほっ、げほっ!ごほっ」

 

姉のオシッコを吐き出しながら、浴室のタイルに打ち伏せる俺。姉の最後の聖水が俺の頭に降りかかる。

 

その直後だった。ドゴォオッ!いきなり俺は腹部に激しい痛みを覚えた。

 

「ッッぐふぅっ!」

 

何が起こったのだ?俺が半身を起こすと、俺の腹部には姉の足があった。姉は俺を蹴り飛ばしたのだ。

 

「ひ、ひどいよ・・・、姉貴・・・。今度は一体、何?」

 

俺は、SMプレイ言葉を使うこともせず、ただ、姉に哀願していた。

 

「どういうつもり!?アタシの貴重なオシッコにむせ返るばかりか、吐き出すなんて、一体どういうことよ?」

 

「そ、そんな・・・。あんな、喉奥深くされちゃ、誰だって・・・」

 

バシイィッ!!今度は背中に姉の平手打ちが飛ぶ。

 

「ッてぇえ!」

 

姉の平手打ちには手加減というものが感じられない。

 

「口答えするんじゃないわよ!ほらっ!こうしてやるっ!」

 

そう言うと、今度は両手で俺の胸を突き飛ばした。俺はたまらず、浴室に仰向けになってしまった。

 

「はんっ。こんな状況でも、ここだけは立派だコト」

 

姉は、かかとで、俺のチンコをツンツンと突っつく。

 

「くっ、っくぅ」

 

「どうしてよ?どうして、こんなになってるの?」

 

「ぅうぅ・・・、ぅぅ」

 

「ホンットにどうしようもうない、マゾね。も一回、こらしめてやるッ」

 

姉は、仰向けになった俺の向こう側をむいた。姉のお尻はとても綺麗で、尻肉がキュッと上を向いている。その尻肉がぐぐっと降りて来て、俺のチンコの上に腰掛けるように、着地した。ずぽ、ずぽぉっ。

 

「え?ぇえぇっ!」

 

俺は、ビックリして声を上げた。まさか、いきなり挿入するとは思わなかったからだ。姉は両足を揃えたまま、尻肉を上下にぐいっぐいっと動かす。姉の肉壁が先ほどまでとは、違った角度で味わえる。

 

「こ、これもいいっ!姉貴、いいよぉっ!」

 

「何よ、感じちゃって!バッカじゃない!こうしてやる、こうしてやる!」

 

「あっ、あっ、あぁあっ!」

 

バッコバッコと姉の尻が俺の腹部に当たる。その尻肉のむちむちした感触が、また何とも言えず、心地よい。俺は半身を起こし、姉のオッパイに手を伸ばす。パンパンに張っている姉のバスト。俺は乳首をつまみ上げる。

 

「ば、ばかっ!誰が、そんなとこ。あぁはんっ。そんなとこ、触っていいって言ったのよ!」

 

俺はかまわず、乳首をツンツンと刺激する。そして、姉のバストを掴んだまま、俺は、体ごと後に倒れこんだ。

 

「あぁん、イャーー」

 

倒れこんだ拍子で、俺の肉棒は更に奥深く突き刺さった。どうやら亀頭の先端が、姉の膣壁に当たったみたいだ。

 

「あんっ、あんんっ。当たってるぅっ!何?何なの?これ、どういうことぉ」

 

お互い仰向けになった体勢のまま、俺は、姉の足の間に足を押入れ、強引にそれを開く。姉の足がVの字に開脚する。亀頭に加わる、圧力がさっきよりすごい。姉の感じ方もさっきより、激しくなってきた。

 

「ぁあーーーんっ。すっごい、すっごい。当たってるの。奥に、奥に。すっごいよ。バカ、バカ、んもうっ、何してるのよ?あんっ!んん。んくっ。ね、ね、あんん」

 

「あ、あ、姉貴ぃいっ!俺も、俺もいい、いい・・・。ああぁあ、最高だあぁっ!」

 

「ね、ね、あん、もう、もうっ・・・。ダメェエッ!アタシ、イクゥウゥウっ!!!」

 

「ああぁーーぁぁっ!姉貴ぃいいっ!」

 

俺は、またしても、姉の膣内で射精してしまう。もうこうなったら、どうでもいいやあ!姉の膣がビクンビクンと収縮する。

 

「あぁああっ!姉貴ィィイッ!俺の、全部吸い取ってくれぇえ!」

 

「アアァッ!ンクッ!やん、やん!やぁあーん!バカッ、バカッ!○○のバカーーッ!イイッ!いいよぉおっお!!」

 

「姉貴いっ!姉貴ッ!最高だあ!」

 

「○○ッ!いやぁあっ!○○ぅうっ!あぁっっ!」

 

浴室で、仰向けになって折り重なったままの俺達姉弟。もう、このまま堕ちていくしかないな、と俺は薄れゆく意識の中でかすかに思った。