下着泥棒は弟?


「トントンッ!
 ○○~、居る?」

「えっ?
 なーに、姉ちゃん?」

「ちょっと、入っていい?」

「うん、いいけど・・・。
 でもちょっと、僕忙しいから、さっさとしてよね?」

「すぐ終わるから。入るわよ。」

バタン。

「ねえ、○○?
 最近、アタシの下着が何着かなくなってるんだけど、
 ○○、なにか知ってる?」

「えっ、姉ちゃんの下着?
 ぼ、僕そんなの、知らないってば!」

「ふぅーん。
 そうかぁ・・・。
 でもさ、本当に○○何にも知らない?」

「知らないったら、知らないよ!
 しつこいなぁ。
 僕、そろそろ宿題やるから、もう出てってよ。」

「なんか、急にアセリ出して、変だわ・・・。
 本当は知ってるんじゃない?
 実は、アタシの下着で、
 何かヘンなことしてるとか・・・。」

「だ、誰が、姉ちゃんの下着なんかで!
 僕がそんなことするわけないだろ?
 姉ちゃんのパンツなんか興味あるわけないよ!
 もういいから、出てって、ってば!」

「いいわ。
 出てくわよ。
 でもその前に、テストがあるわ。」

「テストぉ?」

「そう。
 私が、今から○○に、このスカートの中、
 見せてあげるの。
 それでも、○○が、ちっとも興奮しなかったら、
 ○○の言うこと、信じてあげてもいいわよ。」

「そっ、そんなの!
 ヤダよ!
 姉ちゃんのなんか、俺見たくないってば!」

「それで○○の疑いが晴れると思えば、
 いいじゃない!
 ほらっ、まず○○は、このベッドに座って。」

「ちっ、いっつも強引なんだから、姉ちゃんは・・・。」

「つべこべ言わないの・・・。
 さあ、いくわよ!
 ほらっ!
 どう?」






























「ッッッ!」

「何、目丸くしてるのよ?
 興味なんか無いんじゃなかったの?」

「・・・・。
 ゴクッ・・・。
 ね、姉ちゃん、すっげぇ下着穿いてんだな?
 スッケスケじゃん。」

「そうでしょ?
 結構大胆でしょ。
 どう?興奮する?」



「べ、別に・・・。
 確かに、エロっぽい下着だとは思うけど、
 相手が姉ちゃんだからな。
 何とも思わないよ。」

「へぇー、そうなんだ。
 じゃあ、これでも?
 ホラ?
 後ろも見てご覧?」



























「ウホッ!
 ね、姉ちゃん!
 ほとんどケツ丸だしじゃん!」

「ウフフッ!
 このほうが、パンティラインが透けなくて、いいのよ。
 それにアタシ、結構汗っかきだしさ。
 ベタつくのも嫌やなのよね。」

「姉ちゃん、こんなにイヤラしい下着、持ってたんだ・・・。」

「それで、どうなのよ!
 ちょっと、調べさせてもらうわよ。」

「うわ。
 ば、ばか!
 何すんだよ、いきなり!」

「おっやおやーーー!
 おかしいじゃん!
 どうして、○○のココ、こんなことになってんのよ!」

「えっ・・・、
 いや、これは、そ、そのつまり・・・。」

「こんなに勃起させちゃって!
 ヤッパシ、興奮してるんだ!
 ヤラしい!
 何よ!
 実の姉の下着見て興奮するなんて!
 変態ッ!
 どうせ私の下着盗んだのも、○○なんでしょ!
 どうなのよ?
 ハッキリしなさいよね!」

「そ、そんな・・・。
 違うよ。」

「なら、コレは一体どういうことよ!
 こんなにさせちゃって!」

「いっ、痛ってええぇ!
 何すんだよ!」

「イヤラシイこと考えて、こんなにさせてるから、
 お仕置きしたのよ!」

「いやらしいのは、どっちだよ!
 弟の前で、そんなはしたない格好して!
 よっぽど、姉ちゃんの方がヤラシイじゃんかよ!」

「これは、○○が正直に白状しないから、
 仕方なくやったことなの!
 で、どこにやったのよ、私の下着。」

「だから知らないって言ってるだろう。」

「あくまでシラを切るつもりね。
 じゃ、いいわ。
 勝手に調べるから。」

「ちょ、待てよ!
 そんな、やめろよ!」

「○○はそこに座ってれば、いいの!」

「ちっ、何だよ。
 もう好きにしろよ・・・。」

ガサゴソ、ガサゴソ・・・・。
・・・、・・・。

「おっかしいわねぇ。
 どこにも無いわ、アタシの下着・・・。」

「だから、初めから言ってるだろう。
 そんなの、知らないって。」

「アッ!
 ・・・。
 まさか・・・?
 もしかして・・・。
 ○○・・・、アナタ、今アタシの下着、
 身に着けてるとか・・・。」

「ギクッ!
 そ、そんなことあるわけないだろう!
 なんで、僕が姉ちゃんの下着を!」

「いいわ!
 今から調べさせて貰うわよ!
 さあ!立って!
 そこに立ちなさいよ!

「・・・。」

「どうして立たないのよ?」

「・・・。」

「潔白なんだったら、立ちなさいよ!
 それとも何?
 立てない理由でもあるの?
 往生際が悪いわね!」

「わ、分かったよ。
 立つよ。立てばいいんだろう?」

「ようやく観念したようね。
 じゃ、脱がすわよ。
 何よ、これ!
 まだ、チンチン大っきくさせてんの?
 これが邪魔で、ズボン下ろせないじゃない?
 ホントに、イラっとする!
 そうぅれっ!」

ガバッ!

「アアッ!」

「う、ぅうぅ・・・。」

「キャアっっ!
 そ、それ・・・。
 やっぱり、アタシのパンティ!
 何穿いてんのよ!
 勝手にアタシのパンティ穿かないでよ!
 もう最低ッッ!

 イヤァ!
 しっかも、何それぇ!
 先っちょが、はみ出してる!
 バカッ!
 バカバカ馬鹿ぁあ!
 何、考えてんのよ!
 有り得ないわ!
 姉のパンティ穿いて、勃起させてる弟なんて!
 どうして、そんなに変態なのよぉ!」

「・・・・。
 ご、ごめんなさい。」

「謝って済む問題じゃないわ!
 それ、お気に入りだったのに!」

「ごめんなさい・・・。
 きちんと洗って返すから、
 許してくれよ、姉ちゃん・・・。」

「バカ言ってんじゃないわよ!
 そんなの穿けるわけないでしょう?
 誰が、弟が一度穿いたパンティ穿けるっていうのよ!」

「ごめんなさい・・・。」

「それに何よ、それ。
 先っちょが何か濡れてる・・・。
 本当にイヤラシイ奴ッ!。
 真の変質者だわ・・・。
 一体何考えてるのよ。

 あっ・・・。
 そうだ、私のブラジャーもなくなってたんだ。
 もしかして、○○・・・。

 脱ぎなさい!
 そのシャツを!」

「は、はひ・・・。」

「ッッッ!
 や、やっぱり!
 それだって!
 それだってお気に入りだったのに!
 もう着れない!
 バカバカ馬鹿ぁあ!」

「・・・。
 姉ちゃん。
 本当にごめんなさい。
 もう二度としません。」

「フンッ!
 いくら謝ったって、無駄よ!
 まったく、同じ屋根の下に、
 女装趣味の下着泥棒の変態が居ただなんて、
 虫酸が走るわ。
 汚らわしい・・・。」

「・・・。
 下着を盗んだことは、悪かったと思う。。
 でも、僕、別に女装趣味とか、じゃないんだ・・・。」

「はぁ?
 何言ってるのよ?
 今こうして、アタシのブラジャーとパンティ身に着けてるのは、
 どこのどいつなのよ!?」

「そ、それは・・・。
 僕、ただ、・・・」

「ただ、何なのよ?」

「お姉ちゃんと、一緒になりたくて。
 お姉ちゃんが身に着けていたものを、
 僕が着ることで、お姉ちゃんとひとつになれる気がしたんだ。」

「なっ、何言ってるのよ?
 ○○が、アタシと一緒になりたいって?
 何のことよ?」

「ぼ、僕・・・。
 実は、お姉ちゃんのことが好きだったんだ・・・。」
 
「はぁ?
 私のこと好きって・・・?
 何、言い出すの?
 どういうことよ?」
 
「だから、僕、お姉ちゃんのこと、大好きなんだ。
 一人の女性として、お姉ちゃんのこと好きになっちゃったんだ。
 だって、お姉ちゃんってさ、
 弟の僕から見ても、綺麗だし、スタイルだっていいし、
 それにさ、オッパイだって大きいし、
 お尻だって、ムッチムチでさ、
 僕、いつの間にか、お姉ちゃんのことが、
 全部全部好きになっちゃんだ・・・。
 
 お姉ちゃんのこと考えると、アソコが大きくなっちゃって、
 それで、自分でこすってると、すっごく気持ちが良くなって・・・。
 もう毎日だよ、お姉ちゃんのこと思って、オナニーするの。
 いままでは、お姉ちゃんのお風呂上りの姿とかを目に焼き付けて、
 それを思い出して、オナニーしてたんだけど、
 1ヶ月位前から、お姉ちゃんの下着を使ってするのを覚えちゃったんだ。

 そんなつもりは無かったんだけど、洗濯もの置き場にあった、
 お姉ちゃんのパンティとブラジャーを手にしたら、僕おかしくなっちゃって。
 急いで部屋に戻って、それを着たんだ。
 お姉ちゃんのパンティ、とっても小さかった。
 こんな小っちゃいの、僕、穿けるのかな?
 破いたりしたら、お姉ちゃんに怒られちゃうかな?って心配だったけど、
 思い切って、穿いてみた。

 お姉ちゃんのパンティ、とっても伸縮性があって、
 僕のお尻にすっぽり収まっちゃったんだ。
 でもアソコの先っちょは、今みたいにはみ出してたけど。
 すぐに、お姉ちゃんのブラジャーも付けてみた。
 初めてだったから、紐がからまって大変だったし、
 背中のフォックをはめるのにずい分時間かかっちゃった。

 でもきちんと付けられた時は、僕とっても嬉しかった。
 キュゥンっと締め付けられる感じが、すっごく良かったんだ。
 ああ、これでお姉ちゃんとひとつになったんだな、
 って思えて、最高に幸せな気持ちになれたんだ。

 僕、その時、続けて4回もオナニーしちゃった。
 一回目は2メートル位、飛んだんだよ!
 それから、普段射精した後は、すぐにオチンチンがしぼんじゃうんだけど、
 それが全然元気なんだ。
 続けて、こすり始めているうちにまたイッパイ精子が出ちゃった。
 
 そのうち、僕、何だか、お姉ちゃんの匂いが嗅ぎたくなってきて、
 その時はおうちに誰も居なかったから、
 お姉ちゃんのブラジャーとパンティ穿いたままの格好で、
 お姉ちゃんの部屋に忍び込んじゃったんだ。
 
 お姉ちゃんの部屋に入った途端、
 お姉ちゃんの甘~~い香りに包まれて、僕本当に幸せだった。
 たまらなくなって、お姉ちゃんのベッドに飛び込んだよ。
 お姉ちゃんのお布団とか枕に顔を押し付けて、スリスリした。
 腰をカクカクさせてるうちに、僕、また射精しそうになっちゃった。
 汚しちゃいけないって思ったんだけど、遅かった。
 3回目だから、そんなに量も無かったし、勢いもなくて、
 なんだか、どろーと尿道から零れ出る感じだった。

 もう3回も射精したし、そろそろママも帰ってくる頃だから、
 戻ろうと思ったんだけど、その時、僕思い出しちゃったんだ。
 お姉ちゃんが、半年前から始めたジャズダンスのこと。
 お姉ちゃんのアルバムに貼ってある、
 ピンクのレオタードのお姉ちゃんの写真あるよね。
 僕、実はこの写真を見ながらたまにオナニーしてるんだ。
 僕自身が、レオタードになったつもりで、
 お姉ちゃんの肌に張り付いてると妄想すると、すっごく興奮するんだ。

 今だったら、お姉ちゃんの、そのレオタードがすぐ近くにある!
 そう思うと、もう次の瞬間僕のチンコ、また大っきくなってた。
 お姉ちゃんのタンスに手を伸ばして、夢中でレオタードを探した。
 興奮で胸がバクバクしてた。
 いよいよ、レオタードを見つけた時は本当に嬉しかった。
 あった!あったぞ! 
 僕、思わず声に出してた。
 大切に取り出したお姉ちゃんのレオタード。
 それをお布団の上で広げてみると、
 まるで、そこにお姉ちゃんが居るような気になっちゃった。
 僕、思わず頬ずりしたんだ。
 舌でベロベロ舐めちゃったりもしたよ。
 
 でもそのうち、それだけじゃ我慢できなくなってきたんだ。
 着てみたい!
 お姉ちゃんのレオタード、着てみたい!
 そう思うと、僕のチンチンの先から、また我慢汁がドバっと溢れ出てきた。
 僕は急いで、お姉ちゃんのパンティとブラジャーを脱いで、全裸になった。
 お姉ちゃんのお部屋で、真昼間にこんな格好で居ることがなんだか、ヘンな気持ちだった。
 ゆっくりとお姉ちゃんのレオタードに足を通す。
 お姉ちゃんの大切なレオタードだから、大事に扱わなきゃ。
 腰の部分が収まり、肩紐も通すと、遂に着れちゃったんだ!
 お姉ちゃんのレオタード!
 ブラジャーの時の締め付け感も良かったけど、
 今度は、体全体を包んでくれる感じがまたイイ!
 
 ふと股間を見ると、やっぱりチンチンのところが、しっとりと湿ってた。
 ごめんなさい、お姉ちゃん。
 僕の先出し汁で、お姉ちゃんのレオタードに染みを作っちゃった。
 慌てて、ティッシュで拭いたよ。
 それでも、コンコンと湧き出る僕の我慢汁。
 一度、レオタードの肩紐を外してみることとしたんだ。
 そして、亀頭の先にティッシュをくるんであげた。
 念のため、何重にもした。
 本当は、亀頭でジカにお姉ちゃんのレオタードとこすり合わせたかったけど、
 それは我慢した。これ以上汚しちゃ悪いから。

 改めて、レオタードの肩紐を戻してみた。
 股間では、ティッシュにくるまれた勃起チンコがもっこりと盛り上がってる。
 相当キモイ光景だった。
 そして、その格好で再びお姉ちゃんのお布団へダイブ!
 ぱふぅ!
 鼻腔いっぱいに広がるお姉ちゃんの芳香に僕はうっとりしながら、
 腰をグラインドさせた。
 お姉ちゃん!
 お姉ちゃん!
 僕、うわ言のように繰り返してた。
 そして、いよいよ頂点が近づいてきた。
 僕、ぼく、いくよ!
 お姉ちゃんの中で、イクよ!
 お姉ちゃん!
 お姉ちゃん! 
 おねえちゃーーーん!

 その日4回目の射精ッ!
 なんだか、お漏らしする感覚に近い不思議な射精感。
 そのまま、お姉ちゃんのお布団で、お姉ちゃんのレオタードに包まれたまま、
 じっとしていたかった。
 でも、それもできないので、お姉ちゃんのレオタードを脱ぐこととした。
 僕、汗かいちゃったかもしれない。
 僕の汗がお姉ちゃんのレオタードに染みこんじゃったかな?
 股間部分を見ると、あんなに幾重にもティッシュを厳重に巻きつけてたはずなのに、
 僕の精液がこぼれ出ていて、お姉ちゃんのレオタードに付着していた。
 激しく腰を動かしちゃったしな。
 ごめんね、お姉ちゃん。
 急いでティッシュでザーメンを拭き取る。
 この匂い、取れるかな?
 拭いた後で、クンクン嗅いでみたけど、
 もう部屋中ザーメン臭が漂ってるみたいで、全然分からないよ。

 レオタードをきちんと畳んで、タンスに戻す。
 ばれないかな?心配だな。
 もしお姉ちゃん、気づいたら、ビックリするよな?
 僕の仕業ってばれるかな?
 もしばれたら、怒られるかな?
 その時は本当に心配だった。
 
 その時、タンスからパンティとブラジャーを貰ったんだ。
 奥の方にあったヤツだったからもう使っていないと思って。
 オナニーの時は、もちろん着たり、射精の時に受け止めてもらってた。
 汚した後にすぐに洗えばシミにはならなかったのかもしれないけど、
 深夜に洗面所行って、そんなこともできないから、
 そのままにしていたんだ。
 そしたら、射精した部分が、パキパキの黄色い染みになっちゃった。
 でも、まだ柔らかい部分も残ってたから、そこへチンコを押し当てて、
 オナニーしたんだ。
 でも毎日毎日、日に2~3回はオナニーするから、
 いい加減、パンティもブラジャーも、全体がゴワゴワになっちゃった。
 さすがにどうしようもなくなったから、捨てたんだ。
 ごめんね、お姉ちゃん。
 でも充分と言えるぐらい、使い切ったと思うよ。
 
 で、それからまたお姉ちゃんのお部屋に忍び込んで、下着を貰ったんだ。
 その時ももう一回、レオタードオナニーしたかったんだけど、
 突然ママが帰ってきたりしたら大変だから、
 お姉ちゃんの部屋でのオナニーは危険すぎると思って、遠慮したんだ。
 それに、タンスの中の、前にレオタードが入っていた位置に、無かったし。
 もしかして、お姉ちゃん、気づいたのかな?
 それにしては、お姉ちゃん、僕には何も言わなかったな。
 そのことは、心配の種でもあったんだけど、
 僕、毎日のようにオナニーして、とりあえず、そのことは忘れることとしたんだ。

 そして、お姉ちゃんから貰った2代目オナニーサポーターのブラジャーとパンティも、
 例によって、僕のザーメンまみれになって、おシャカになったんで、
 今は、この3代目にお世話になっているんだ。
 まだ、昨日からだから、綺麗だよ。
 今日なんか、これ付けたまま学校に行っちゃった。
 やっぱり一日中、お姉ちゃんと一緒に居たいからね!

 これから、オナニーしようかな?って時に、
 遂に、お姉ちゃんに見つかっちゃった・・・。
 でも、バレちゃったから、僕、全部白状したよ。
 お姉ちゃんが大好きだってこと、
 お姉ちゃんの下着やレオタードでしちゃったことも全部言ったよ。
 ごめんね、お姉ちゃん。
 こんな弟だけど、許してくれる?
 それと、お姉ちゃんに興味無いとか、言っちゃってごめんなさい。
 本当は、お姉ちゃんのことが大大だい好きなのに、
 反対のこと言って、ごめんなさい。」

「・・・・・・・。」

「お姉ちゃん?」

「・・・・・・・。」

「お姉ちゃん、大丈夫?
 目がうつろになってる。」

「・・・。
 ちょ、ちょっと待って。
 ○○、いきなり、こんなこと言われても!
 アタシ困る!
 
 それに何? 
 お姉ちゃんのこと好き、とか言ってる割に、
 やってることは、ただの変態よ!
 汚らわしい!」

「ごめんなさい。
 本当にごめんなさい。」

「あと、やっぱりレオタードにいたずらしたのは、○○だったのね。
 おかしいと思ったわ。
 でも、まさか○○がしたこととは確信が持てないし、
 私の勘違いってこともあるしね。
 でも有り得ないわよね。
 タンスの中のレオタードが妙に皺々で、
 ヘンな場所に見慣れない染みがあったんだもの。
 それもいかがわしい匂いも残ってたし。
 ○○?パパ?
 いずれにしても、家族の持ち物にそんなことするハズ無い、
 って思い込むことにして、そのレオタードは破棄したわ。
 最近はジャズダンス教室にも行ってないのよ。

 それにしても、困った弟ね。
 フツーは、姉に性的興味なんか持たないのよ。
 おかしいわよ、お前。」

「お姉ちゃんが悪いんだ。
 お姉ちゃんが、そんなに美人でセクシーで、
 それに、いっつも家に居る時は、無防備で、大胆な格好してるだろう?
 いくら弟だからって、俺だって男なんだし、
 ヘンな気持ちになったって当然のことだよ。」

「あら?
 アタシのせいにするつもり?
 勝手な言い草ね。
 ま、もちろん、アタシが悪かった部分もあるのかしら。
 ○○がこんな変態だと分かっていれば、私だって少しは用心したわ。
 でも、まさか家庭内に変質者が潜んでいるなんて、想像もしないわよ。
 いいこと、私と○○は、姉と弟という関係であって、家族なの!
 そんな、ヘンな目で見ちゃいけないの!
 いいから、私なんかのことは忘れて、
 同級生にでも可愛い子はいくらでも居るでしょう?
 ガールフレンド見つけて、ちゃんとしなきゃ駄目だよ?」

「・・・・。
 ぼ、僕。それでもお姉ちゃんのことが好きだ。
 同級生なんて、全然魅力感じない。
 やっぱり、お姉ちゃんが一番だ。
 お姉ちゃん以外、考えられないよ。」

「そんなんこと言わないの!
 私だって、今は居ないけどさ、
 いずれ彼氏作って、それに結婚だってするのよ。
 ○○と私は、結婚なんかできないでしょう?
 それなのに、好きでいたって仕方ないでしょう?」

「別に結婚できなくてもいい。
 僕は、お姉ちゃんのことが好き。
 それだけでいいんだ。」

「そんな無理ばっか言わないで。
 どうかしてるよ、○○。」

「お姉ちゃんは僕のこと嫌い?
 こんな変態の弟は嫌い?」

「嫌いなわけないでしょ?
 色々、悪さしてたみたいだけど、それは許すわよ。
 可愛い弟のこと、嫌いなわけないでしょ?」

「僕のこと、好き?」

「えっ? 
 ええ、好きよ。
 ただし、家族として、弟として、好きってことよ。
 でもヘンなことばっかり考えて、
 また悪いことするようだったら、嫌いになっちゃうかもよ?」

「そ、そんな。
 僕、お姉ちゃんに嫌われたら、生きていけない。」

「だったら、ちゃんと、私の言うこと聞いて。
 もう、私の下着でいけないことしないで。
 約束できる?」

「う、うん・・・。」

「絶対だよ?」

「う、うん。」

「じゃあ、それ、脱いで。」

「えっ、今?」

「そうよ。ほら、さっさと脱いでよ。」

「で、でも・・・。」

「いいから、早く!
 ほら、ブラジャー外すわよ。
 そして、ほら、パンティも。
 そっちは自分で脱げるでしょう?」

「・・・。」

「何してるの?早くして。」

「お姉ちゃんに脱がせて貰いたい。」

「まったく。
 何言ってるの?
 仕方無いわね。
 じゃあ、ほら、脱がせるから、
 はい、こっち向いて。

 あっ!
 やっぱり駄目よ!
 それが、そんなままじゃない。
 ○○、いい加減にしなさい?
 いつまで、そんな状態なの?」

「お姉ちゃん・・・。」

「何よ?」

「一度だけでいいから・・・・、
 お姉ちゃんに・・・。」

「駄目ッ!
 ダメったら駄目!
 いい?
 さっきから言ってるけど、
 私は姉。アナタは弟なの。
 姉弟で、エッチなんかできないの!
 分かった?」

「違うんだ。
 お姉ちゃんとエッチしたいのはもちろんだけど、
 僕、そこまでは望まない。
 今僕が言いかけたのは違うことなんだ。」

「違うって?
 どういうこと?」

「僕が自分でしてるとこを、お姉ちゃんに見てもらうだけも駄目?」
 
「ッッ?」
 
「だから、僕、お姉ちゃんの前でオナニーする。
 それを、お姉ちゃんに見て貰いたいんだ。」

「・・・・。
 それだけでいいの?
 自分でするだけで。」

「う、うん。
 本当のこと、言うと、もっともっとしたいこととか、
 してもらいたいこと、イッパイあるけど、いい・・・。」

「はぁ・・・。
 どうしようかな?
 弟のオナニー見学する姉ってか。
 有り得ないっちゃ、有り得ないシチュエーションよねぇ。
 でも、ま、いっか。
 ○○?
 これだって一回切りよ?
 普通、こんなことする姉弟なんか居ないんだからね!」

「いいの?
 お姉ちゃん?
 本当にお姉ちゃんの前でオナニーしてもいいの?」

「いいから、さっさと済ませてよ!
 言っとくけど、アタシに、手出したりしたら承知しないわよ。」

「それは分かってるって。
 ふはぁ!
 興奮するなあ!
 お姉ちゃんの前でオナニーできるなんて!
 最高に興奮する!」

「さっさと始めないと私、戻るわよ。」

「そ、そんな!
 分かったよ、お姉ちゃん。
 始めるよ。
 いい?
 見ててね?

 シコッ!シコシコシコシコォッ!!
 ぅうーんっ、んんんーー。」

「何て、やらしい!
 本当に始めたわ!
 姉の前でオナニー!
 それで感じるだなんて、本当に困った弟・・・。」

「うぉおっ、うほぉおっ!
 んあああっ、んあっ!」

「いつもそうやって、するの?
 そうやって、アタシのパンツ穿いたり、
 匂い嗅いで、オナニーしてんだ?」

「そうだよ!お姉ちゃん!
 僕、いっつも、こうしてしてるんだ!
 あぁっ!気持ちイイ!
 しかも、今日は、お姉ちゃんに、見てもらいながら、
 僕、オナニーしてる!
 なんだか恥ずかしいよう、お姉ちゃん!」

「何よ!
 見られたいって言ったのは、○○じゃない?」

「で、でも僕恥ずかしい・・・。
 だけど、気持ちイイ・・・。」

「まったく・・・。
 ほら、早く!
 もっとしごいて、
 さっさと、イキなさいよね!」

「んおっっ!うぉぉおっ!
 ふは!ふは!ふは!
 あぁぁっ!」

「イクのね?
 イキそうなのね?
 ○○?」

「うぉおおっ! 
 ぼ、僕、そろそろ、イクよぉ!
 お姉ちゃんっ!見てて!
 僕の射精の瞬間見てて!
 お願いッ!
 もっと近くで!」

「何よ?
 近くで、ですって?」

「そ、そう。
 お願い、お姉ちゃん・・・。」

「仕方無いわね。
 でも、ちゃんと言うのよ。
 出す時は。
 黙って、射精して、私の服とかに飛ばさないでよね?」

「わっ、分かりました!
 出る時は言います!
 だから、もっと近づいて・・・」

「こう?こんな感じ?」

「そ、そうだよ!
 うわあ、お姉ちゃんが僕のチンコの側にいるぅ!」

「どう?
 こんな至近距離で、姉に見られながらオナニーする感想は?」

「イィイィッ!
 最高にいいよぉおっ!」

「そろそろ、イキそう?」

「う、うん!
 イクよぉおっ!
 あぁ。ダメダぁ。」

「だらしないオチンチンね!
 もうイッちゃうの?」

「だって、だってぇえっ!」

「自分でしごくだけで、イッちゃうのね?
 もっと気持ちイイことがあるのに・・・。」

「えっ?何、お姉ちゃん?」

「ううん?いいのよ、そのままイッちゃって。
 ほら、イキなさい!」

「う、うんッ!
 あぁ、ああああっ!」

「出るの?イクの?」

「う、うんんんッ!」

「出す時は言ってよ!」

「う、うんっ!
 うおぉおっ!」

「もうっ!
 いつになったら出すのよ?
 じれったい!
 
 いいわ!
 仕方ない!
 今回だけ、アタシが手伝ってあげるわ!
 こんなのイッカイだけなんだから!」

「えぇえっ?
 お姉ちゃんが?
 手伝ってくれるぅ?」

「ほらっ?
 貸しなさい、そのチンコ!」

「は、はひぃ。」

「どうされたい?
 ○○。」

「し、しごいて下さい・・・。」

「何を?」

「僕のオチンチンを・・・。」

「誰に?」

「お姉ちゃんに!」

「もう一回言って!」

「僕のオチンチン!
 しごいて下さい!
 お姉ちゃんッ!」

「しごくだけでいいの?」

「えぇっ?」

「もう!
 手でするなんて面倒だから、しゃぶってあげるわ!
 初めてなんでしょ?
 こんなことされるの?
 ちゅぱぁぁっ!
 れろれろれろぉお!」

「うはぁあっ!」

「しゅぽぉっ!しゅぽっ!
 ぐちゃくちゃ!じゅぱっ、じゅぱぁあっ!」

「うは!
 うひゃっ!
 何、なに?
 どうして、こんなに気持ちイイのぉおっ!
 はひゃぁあ!」

「くちゅっ!くちゅぅうぅう!」

「ね、姉ちゃん!
 お姉ちゃああん!
 ぼ、僕、駄目ぇえっ!
 イッちゃう!
 出ちゃう!
 我慢できないぃっ!」

「んぐっ!んごぉっ!」

「出るよ! 
 出すよ!
 うはあぁっ!
 ああぁああぁっ!」

「んんぐぅううぅっ!
 ごきゅっ!
 んごっ!ゴクっっ!
 んんんーーーっ!」

「はぁっ、はぁっ・・・。
 ね、姉ちゃん!
 僕の精子、飲んでくれたの?」

「けほっ!けほっ!
 にっがーーーいっ!
 やっぱり童貞のザーメンって、
 なんだか、青臭くて、どろっとしてるぅ~。
 きもーーいっ!」

「ご、ごめんなさい・・・。
 お姉ちゃん。」

「別に、謝らなんなくてもいいわよ。
 飲んだのは、私の勝手なんだから・・・。
 それにしても、随分濃かったわ。
 まだ喉にひっかかってるみたい。」

「姉ちゃん、いつもこんなことしてるの?」

「こんなことって、フェラチオのこと?」

「う、うん。
 それと男の人にザーメン飲んだりするの・・・。」

「フェラチオはするけど、
 飲んだりすることはめったにないわよ。
 だって、ヤじゃない。
 そんな他人の精液なんて、怖くて飲めないわよ。」

「でも、僕のは飲んでくれた・・・。」

「それは、○○が弟だからよ。
 弟のだったら、別に怖くないわ。
 ○○だったら、変な病気なんか持ってそうにないし。 
 さ、もういいじゃないっ、そんなことは。
 ○○も宿題あるんでしょ?
 私も、もう部屋に戻るよ。
 はい、下着返して。」

「それ、どうするの?
 また、お姉ちゃん着るの?」

「そうね、どうしようかしら?
 やっぱり、○○が着ちゃったやつだから、
 もう捨てようかな。」

「だったら、僕にくれよ!
 ね、いいだろ?お姉ちゃんっ!」

「イヤよっ!
 また、オナニーして、私の下着を汚すんでしょ?
 そんなの絶対にイヤ!」

「ぼ、僕、どうしたらいいんだ。
 今まで、毎日毎日お姉ちゃんの下着でオナニーしてたのに、
 それ、無くなっちゃったら生きていけない・・・。」

「だ!か!ら!
 さっきから言ってるでしょう? 
 家族の下着で、そんなことしちゃイケナイんだから!
 もう、いい加減分かってよ!」

「だったら、弟のオチンチンをしゃぶるのはいいのかよ?」

「そっ、それは・・・。」

「弟のオチンチン、しゃぶって精液飲み干す姉ってのはいいのかよ?」

「もう!
 あれは、あんまりにも○○が可愛そうだったからしてあげたの!
 そんな風な言い方すると、もうやってあげないわよ!」

「ぇっ?
 お姉ちゃん、またしてくれるの?」

「○○が、イイ子にしてたらの話よ!
 また私の下着にイタズラするようだったら、してあげないわ。」

「うっそ!
 また、お姉ちゃん、フェラチオしてくれるの?
 一回っ切りじゃなかなったの?」

「だから、○○が悪さしなかったら、っていうのが前提よ。」

「しないっ!
 もうしないっ!
 絶対にしない!」

「本当に守れる?」

「うんっ!」

「はいっ、じゃあ、指きりゲンマンっ!」

「うん、お姉ちゃんっ!」

「嘘ついたら、針千本、のーーますっ!」

「やったぁ!」

「それとね、○○。」

「なーに?お姉ちゃん?」

「○○にしてあげるのは、もちろんなんだけどさ。
 私のことも気持ちしてくれなきゃ、ヤダよ。」

「えっ、それって、どういう・・・?」

「アタシもさ、最近ずーーっとご無沙汰でね、
 めっきりエッチしてないんだよね。
 さっきもさ、そんなつもりなんか無かったのに、
 思わず、○○の立派なオチンチン見てたら我慢できなくなって、
 それでおしゃぶりしちゃったの。
 実はね、アタシも興奮してたのよ・・・。」

「お、お姉ちゃんも、興奮・・・。」

「だからさ、今度○○にしてあげる時はさ、
 アタシのことも気持ちよくしてネ、ってことよ。
 分かる?」

「ぼ、僕が、お姉ちゃんのこと気持ちよくする・・・?。
 触っていいってこと?
 お姉ちゃんのカラダに!
 もしかして、そういう意味?」

「フフフッ!
 お馬鹿さんッ!
 それ以外にどういう意味があるの?」

「うはぁ!
 マジで?
 お姉ちゃんのオッパイ!
 お姉ちゃんのお尻!
 本当に触っていいの??」

「だから、イイって言ってるでしょ?
 でも、私に彼氏が見つかるまでの間よ。
 それに、○○だって自分の彼女見つけるのよ。
 それを約束してくれるのも、もうひとつの条件よ。」

「わ、わかったよ!
 僕も、お姉ちゃん以外の女の子に目を向けるよう、頑張るよ!
 これで、いいだろう?
 お姉ちゃんっ!」

「なんだか、ずい分、軽い言い方ね?
 ○○、本心で言ってる、それ?」

「もっ、もちろんだろう?」

「ふふっ!
 じゃあ、もう一回、指きり・・・。」

「お姉ちゃん。
 それじゃ、指の代わりにこれで・・・。」

「キャッ!
 何よ!それぇ!」

「お姉ちゃんのカラダに触っていい、なんて想像してただけで、
 僕、こんなになっちゃった・・・。」

「もう!
 さっき出したばっかなのに、
 どうして、こんなにエッチなのよ!
 ホントに呆れるわね!」

「ごめんなさい。
 じゃあ、はい、お姉ちゃん。
 僕の、オチンチンと指きりしよう。」

「仕方ないわね、はい、
 指、切り、ゲンマン・・・。
 もう!
 こんな大っきなオチンチン!
 指切りなんて、できないわよ!
 こうやって、私のお口と約束よぉおっ!
 ちゅぱぁあっ!」

「うはあわあっ!
 お姉ちゃんっ!」

「約束よぉおっ!」

「お姉ちゃんのフェラチオ、最高だぁあっ!」