オナニーを知らない天然姉さん


俺には六歳年上の姉が居る。割と可愛いっちゃ可愛いが、性格がモロ天然、っていうか、ほとんど馬鹿。それに、二十歳を過ぎてるっていうのに、ロクな性知識もないようなのだ。

こないだ俺が部屋でオナニーしてた時、偶然そこに姉が入ってきたわけだが、姉は俺がしていることの意味が分からないとか言うんだぜ。あり得ないだろ?

以下、その時の状況を実況してみる。

パタパタパタ、ガチャ。

「きゃっ!
ま、◯◯ぅ?
えっ、ええーーッ??
そ、そんな格好で何してるの?」

「うわ、うわわわわわ!
ば、ばか!
ねね姉ちゃん、いきなり入ってくんなよ!」

「ごっ、ごめーん…。
◯◯に借りてたCD 返そうと思って。
でも、一体どうしたの?
そんなとこ弄ったりして。
具合でも悪いの?」

「はぁ?
見りゃ、分かんだろ?
オナニーしてたんだよ。
ったく、せっかくイイとこ、だったのに…」

「えっ?
お…、おなにぃ…?」

「そうだよ」

(きょとん…)

「おい、おい?
まさか、知らないってなんて言わないよな?」

「……」

「マジっすか?
姉ちゃん、二十歳過ぎて、そりゃマズイって」

「そ、そんなにおかしい?」

「フツーは知ってると思うけど。
よーし!それじゃあ、せっかくだから、俺が今から教えてやろうか?ほらっ!いくぜ。良く見てろよ!」

「えっ?教えるって、どういう…?」

「こういうことだよ!」

俺は、頓挫していたオナニーを姉の眼の前で再開した!

「キャッ!」

屹立した肉棒に姉が感嘆の声をあげる。

















「凄い!
◯◯のオチンチンが、
パンパンに膨れ上がってきたよ!」

「もっと近くに来てよ、姉ちゃん。ほぉーら、よく見て」

俺は姉の肩口をむんずと掴み、強引に姉の顔を、俺のチンコの目前まで持ってくる。姉の吐息が、火照った亀頭に心地良く吹きかかる。

実姉の目の前で、オナニーを敢行するという、変態的シチュエーションになんだか俺はゾクゾク興奮してきた。

「あれ?
先っちょから、何か出てきた…。
これ、何?
◯◯?」

溢れ出る我慢汁。無邪気な姉は、その意味さえ分からない。

「気持ち良くなってきた証拠さ。
ほら?
触ってごらん?」

俺は姉の手を取り、無理やり鈴口に触れさせてみる。

「わ、…。
なんか、ヌルってしてる…」

「男だって気待ち良くなると、こうして濡れてくるんだぜ。姉ちゃんとおんなじだろう?」

「…、わ、私良くわかんない」

「ああ、もうそんなことどうだっていいや!
姉ちゃん!
俺、そろそろイキそうだよ!」

あっという間に頂点まで上り詰めた俺は、正に射精の寸前だった。

「えっ?
イクって、どういうこと?」

躊躇する姉のことなど構わず、爆発真近の発射口を姉の顔面へと突き出す。

「こういうことだあ!」

怒涛の勢いで射出を開始し、姉の頬や鼻、口、目に降りかかる、俺の濃厚ザーメン。

「きゃぁあっ!
な、何コレぇっ?」

一回の吐出では精嚢に詰まった大量なザーメンを放出し切るわけもなく、何度も何度も脈動を続ける俺のチンコ。

「ほらっ、まだだ!
まだまだ出るぞぉおおっ!

くらえぇえっ!」

「やん!
髪まで飛んできたよ!
やだやだ!
さっきシャンプーしたばっかなのに…」

姉の抗議もなんのその、溜まりに溜まった精液を姉の顔、髪、そして着ている服へと、まんべんなく振りかける俺。

「うおおおおぉっ!」

「ひどいよ、◯◯!
顔中ヌルヌルになっちゃったよ。それにお服まで。これから出かけようと思ったのにーー」

そんな姉のことなど構わず、至福の射精感の余韻に酔う俺。

「ふはぁあ!
気持ち良かったぁ!
まさか、姉ちゃんに顔射しちまうとはな!」

「がんしゃ??
ふぅーん、◯ ◯そんなに気持ち良かったの?」

「ああ。
最高だったよ。
なんか、いつもより興奮したな」

「そんなにいいなら、今度も私が見ててあげようか?」

「お、おう!
それもいいな!
でも、ならせっかくだから、姉ちゃんも一緒にしようぜ、オナニー?」

「えっ!私も?
私にも、できるの?
だって私には、◯◯みたいなオチンチン付いてないよ?」

「姉ちゃんには、チンコの代わりに、オマ○コがあるだろう?
女の子には、女の子なりのオナニーのやり方があるんだよ!」

「どうやるの?
教えて、◯◯…」

「よし!
じゃあ、今からヤルか!」

「うん!」

「まずは、着てるものを全部脱ぐんだ」

「全部って…。
パンティも?」

「当たり前だろう。
ほら、早く!」

「うん、分かった。
でも、◯◯。
脱ぐまでの間、向こうむいてて。
だって弟の前で全裸になるなんて恥ずかしいもん」

「おかしな話だな。
脱いだら結局、おんなじだろうに。
まあ、いいよ。
ほら、あっち向いてるからな」

ガサゴソ…。

「◯◯…。
脱いだよ。
私、弟の部屋で生まれたままの姿になっちゃった!」

「どれどれ…。
おっ!
こりゃ、スゲエっ!
ゴクッ!」

「恥ずかしいよ。
弟のクセに…、そんなにジロジロ見ないで」

「知らない間に、姉ちゃんの身体も随分エロくなってたんだなぁ。
俺、何だか嬉しいよ。
ほら、見ろよ。
また、こいつが、こんなになっちゃったよ!」

「あっ!
また大っきくなってる!
◯◯のオチンチンっ!」

「よし!
じゃあ、始めようか。
姉ちゃん?
覚悟はいい?」

「うん!
OKだよ!」

こうして、俺たちの姉弟相互鑑賞オナニーは始まった!!