もしも、姉が全裸で寝ていたら


(あ、そうだ。
姉ちゃんに貸してたCD、そろそろ返してもらおうかな・・)

姉の部屋まで来て、ドアをノックするが、
何の返事も無い。

(あれ、おかしいな?
さっき帰ってきたと思ったんだけど・・・。
居ないのかな?)

ガチャ、バタン。

(鍵もかかってない・・・。
どうしたんだろ?)

とりあえず、姉の部屋に入ってみることとする。
と、そこには信じられない光景が!!

















(えぇええッッ!?!?
まさか!?
姉さん、全裸で寝ている??
マジかよ!)

うっすらと目が開いているようにも見えるが、
これは、姉の癖なのだ。
試しに目の前で手を振ってみるが、
案の定、何の反応もない。


姉は、弟の僕から見ても割かし美人だし、しかも相当なナイスパディ!
言い寄る男も結構居るらしい。
僕でさえも、時として、ぼぉーっと見とれてしまうことがある。
実は僕は、姉のことをオナペットにもしていて、
もう何百回となくお世話になったものだ。

その憧れの姉が、今僕の目の前で全裸で、ベッドに横たわっている!
そーーっと近づき、小声で姉のことを呼んでみる。
「ね、姉さん?」
起きられてしまったら、元も子もないので、できるだけ小さい声で。
それでも姉の様子は変わらない。

(よし!熟睡しているぞ!
こんなチャンス、今度は次、いつ巡りあうか分からないぜっ!
どうする??)

(オナニーだ!
オナニーするしかないよ!)

僕は一瞬で全ての服を脱ぎ去り、
姉と一緒の、生まれたままの姿になる。

既にイキリたったチンコが天を突いている。
おもむろに竿に手をやると、それだけで、尿道からドロッとカウパー液が染み出てきた。

「姉さん!
僕、今から姉さんの目の前でオナニーするよ!!」

オナニー開始を高らかに宣言し、
姉に近づき、亀頭を姉の太もも部分に当ててみる。

とてつもない気持ちの良さ!
つるつるで、スベスベで、ぷにぷにしている!
しかも僕のガマン汁が潤滑液となって、ヌルヌル感も加わった。

「あぅっ!」
危うく射精しそうになったところを、懸命に堪える。
(こんなところで、射精してたまるか!)

僕はフル勃起したチンコを、姉のバストへ押し当ててみる。
推定Eカップ。
超巨乳というわけではないが、ハリがあり、全体的なバランスが実にいい、姉のオッパイ・・・。
乳輪の色は思いがけない、美しいピンク色。
乳首がツンっと尖った状態・・・。

姉ちゃん?
普段から乳首がこんなに尖っているの?
もしかして、オナニーしてそのまま寝ちゃった、とか?

そんな妄想をしながら、姉のバストへ当てた亀頭を縦横無尽に動かしてみる。
こぼれ出たカウパー液が、まるでナメクジが這った後のように、姉のバストに染みを残していく。

姉の口元を見ると、唇が開いて前歯が覗いている。
それを見た僕は、もう我慢ができなくなった。

(姉ちゃんの口に、僕のチンコを押し入れたい!!)

そう思った瞬間、僕は姉の顔を跨ぎ、チンコを姉の唇に押し当てていた。
(姉ちゃんの唇が、僕の汚いチンコとくっついた!!)

ドクっドクっと、染み出る我慢汁。
僕は腰を左右させ、姉の唇に透明な液を塗りたくる。
(姉ちゃんっ!
僕の天然特製リップクリームだよぉっ!!)

そのまま腰を突き出し、姉の口内へとチンコを進出させる。
やや開いた前歯の間を強引に分け入り、パンパンの亀頭を奥へと導く。
亀頭の先に、何やらぬらっとした感触が伝わる。

姉の舌だ!!
僕の喜びは感極まり、腰が抜けそうな快感に襲われる。
くはあぁ!

もう姉が目を覚ましても構わない!
僕、姉ちゃんのオクチの中で、射精したい!

腰をバンバンと前後させ、チンコを姉の口へ出し入れする。
高まる射精感!
僕は姉の頭を固定し、ピストンを早くする!

あぁ、僕、今憧れの姉ちゃんのお口でイマラチオしてる!
ごめんよ!姉ちゃん!
勝手にこんなことして、ごめんよ!!

いい加減、我慢の限界だった。
射精の兆候を感じた僕は、肉棒を更に姉の口腔奥深くへと押し込む。
ザーメンを姉に飲ませるためだ!

高まりくる射精感で、背中あたりがムズムズしてきた!
くる!来る!!
快感が脊髄を駆け上り、脳にまで達した瞬間、
まるで花火が爆発したかのように、脳内がスパークした!

同時に、僕の亀頭の先は大噴火を開始していた。
ドクッッ!ドクっ!
普段のオナニーとはケタ違いの気持ち良さ!

「姉ちゃんっ!!
イクぅうっ!僕、いくううううっ!!」

相当量のザーメンを姉の喉の奥へと放出し終わり、
僕は、肉棒を姉の口から抜き取る。
わずかに付着した精液の残滓を姉の頬っぺたにこすり付ける。

姉はまだ寝たままの様子だ。
(姉ちゃん・・・。
気持ち良かったよ!
また、全裸で寝てたら、僕、また襲っちゃうよ。
姉ちゃんが悪いんだからね!)

姉の唇にチュッとキスをして、部屋を後にする僕だった!