こんな偶然ってあるの?


前の彼氏と別れてから、もう3ヶ月。
その間、もちろんずっとエッチとご無沙汰。

もういい加減、セックスしたいよ~。
大っきなオチンチン、私のアソコにぶち込んで欲しい!

そんな願望も満たされないまま、
私は今日も空しくオナニーしてるの。

極太のバイブが私の秘肉を分け入って、
肉洞の奥へ突き刺さる。
あり得ない快感。
これ!
この感じが、堪らないの!

あまりの気持ちよさに、私は卒倒する。
気づくと、下半身がお漏らしをしたみたいにビショビショになってる。

やだ。
私、潮吹きしちゃったみたい。
オナニーで・・・。

モト彼に、クンニされて一度だけそうなっちゃったことあるけど、
自分でこんなになったのは初めて。
なんだか恥ずかしい・・・。

でも、凄いな、これ。
どうしよう。
一度拭いておかないと。
まだ、オナニーは続行するけど。
えへ。

あれ?
ティッシュが空になってる。
ちぇっ。

どうしようかな。
あっ、そうだ。
弟の部屋から借りてこよう。
あいつ、今頃の時間いつも昼寝してるハズだし。

さっ、そうと決まったら、早くしよ。
さっさとオナニーの続きしたいもん。
私は全裸のままで、弟の部屋へと向かう。

そーっとドアを開けてみる。
その途端、ドキっとした私。
だって、弟ったら、素っ裸のままベッドに仰向けになっているんですもの。

熟睡しているのに間違いは無いみたい・・・。
ま、いいか。
ティッシュだけ借りて、早くお部屋に戻ろっと。

と、次の瞬間、私は信じられない光景をまの当たりにする。
えっ!?
嘘ッ~~?

こいつ、勃起してるじゃん!
何、考えてんのよ!

下半身から、ニョキっと屹立して天を仰いでいる弟の肉棒。
こんな風に勃起した弟のオチンチンなんて、勿論はじめて見る。
小っちゃい頃の面影なんて、全然無い。

しかも、結構な大きさだわ・・・。
今まで私が経験してきた中でも1、2を争うわよ。

思わず私は、ゴクリと唾を飲み込んでしまった。
あのオチンチンが、私のオマ○コに嵌ったら、一体どんな感じかしら?

一瞬、禁断の妄想が脳内を駆け巡る。
ダメよ!
そんなの絶対に駄目!
何、考えてるの?
私ったら。

いくら欲求不満だからって、
何、弟のチンコに興奮してるのよ。
もう、バッカみたい・・・。

早く、ティッシュ借りて、戻らなきゃ。
ここで、こんな弟の勃起チンコ見てたら、どうかなっちゃいそう。
さ、ティッシュ、どこかしら?

目的のモノは、よりによって弟が横たわる向こう側にあった。
もう!
どうして、あんなとこにあるのよ?
弟の体、乗り越えていかなきゃ駄目じゃん。

私は、そーっと弟の体を跨ぐ。
部屋でオナニーしてたまんまの格好で来たから、
スッポンポンのまま。

ベッドがきしんで、弟が起きちゃうんじゃないか、とハラハラする。
そーっと。そーっと、よ。
私は自分に言い聞かせる。

弟の体をまたいだ右足に体重を移そうとした、その時、
私はバランスを崩してしまった。

「きゃぁぁっ!」
思わず声を出してしまった私。

が、次の瞬間、考えられない事態が発生しちゃったの。
足を滑らせた私の下半身は、ちょうど弟の下半身の真ん中に落下し、
濡れ濡れの状態のオマ○コに、弟の硬い肉棒が衝突!
考える間もなく、奥まで挿入されてしまった弟のチンコ!

「えぇっ!いゃぁあっ!」

肉襞をかき分け、ぐいぐいと嵌りこむ、硬い感触。
人工的なバイブでは得られなかった、温もりのあるオチンチン!

熱いわ。
そして硬いの。
これよ!
これなのよ、私が欲しかったのは!








































高まりつつ快感はハンパなかった。
「近親相姦」という言葉が、一瞬頭をよぎったが、
弟の肉棒が、私のオマ○コをかき混ぜてくれる感触が、
すぐにそれを消し飛ばしてしまい、
いつしか、私は快楽の底へと沈んでいった。

気づけば、私は弟の腰の上で、バンバン腰を使ってた。
彼氏とのセックスでも、こんなに激しくしたことない。

もう駄目ッ!
弟のオチンチン、最高に気持ちイイよぉおっ!
こんな偶然、ってあるのぉぉ?