姉!ママ!妹! 三重連の花電車!

「久し振りの生のオチンチンだわ・・・。

しかも、それが息子のだなんて!

ワタシ、何ていけない母親なのかしら。

でもっ。んんくっ。

欲しいわっ、オチンチンがっ。

欲しいの、入れたいのぉ。いいでしょ?

ママのオマ○コに、入れていいでしょ?

入れるわよっ。いい?

○○のオチンチンッッ!

あぁんんっ。もう我慢できないわッッ!」

    

僕に聞いているのか、自問しているのか、良く分からない状態のママ。

そのまま頭を激しく振りながら、腰をズンッッと落としてきました!!

僕のチンコは、あっという間にママのオマ○コの中に呑み込まれてしまいました。

    

「えあわぁっ!」

    

僕は思わず、わけの分からない声を上げていました。

何という感触ッッ!

姉のものとも、妹のものとも全然違うぞっ!


(すげぇえっ、トロットロッじゃないかぁっ!

まるで熟し切ったメロンみたいだぁ。

こ、これが、ママのオマ○コなのかぁっ!)

 

幾重もの襞々が、僕の肉棒に絡みついてきます。

    

(こ、これが、熟し切った女性のオマ○コ・・・?

チンコが溶けちまいそうだぜえ!)


姉とのセックスで、垣間見たのは快感の入り口に過ぎなかったのか・・・。

あまりの快感にうろたえていた僕のことなど構わず、ママは腰を動かし始めました。

    

「ぁあんんっ!イイッッ!

これだわっ!これよぉお!

熱いの!硬いの!

やっぱり生のオチンチン、イイッ!」

    

ずんっ、ずんっ、ずんっ、と上下するママの身体!

ママの怒涛の腰使いに、僕は圧倒されっ放しでした。

ただただ、受身に回る一方です。

    

「すっごい!

ママったら、あんなに腰使ってるぅ!」

    

妹が驚きの声を上げます。


「やだ。

○○ったら、白目剥いててるわ。

そんなに、いいのね、ママのオマ○コが・・・。

悔しい・・・。

アタシだって、○○のこと、もっと気持ち良くさせてあげたいわ。

こうなったら、アタシだって!」

    

ママに翻弄されている僕には、はっきり分からないのですが、

どうやら、姉がママの背後に回ったようです。

    

「ねぇ、ママ。

ママ、そんなに激しくしたら、○○、イッちゃうわよ。

そろそろ交代して。ね、ママ?」


ママの肩越しにそっと呟く姉。

    

「んんぅ?

ぁはあぁんんっ!

なぁにぃ?だれぇ?どこぉおぉ?

んんっ、んんくっ!!」


    

ママの感じようも相当のものでした。

後ろで姉が囁いているのも良く分かっていない様子です。

僕のオチンチンが、ママをこんなにも気持ち良くさせているんだ。

何だか自信が持てた様な気がしました。

それまで、されるままで、仰向けになっていた僕でしたが、

半身を起こして、ママに向かい合いました。

    

「ママッ。

ママとのセックス、いいよっ!

 僕、とっても気持ちいいよぉおっ!」

    

ママの腰の動きに合わせて、僕も腰を動かし始めました。

    

「んんぅんっ、くひぃいい!」


ママが嬌声を上げます。

亀頭の先が、何か壁みたいなものに当たった感じがしました。

ママは頭を上下左右に振り乱します。

    

「きゃぁぁんんっ!

 

いいぃっ!どこぉっ!そこ、どこぉっっ!?」


「もうっ、ずるいっ!

○○ったら、さっき、アタシの時はそんなに腰使ってくれなかったクセにぃ!」

    

姉が非難じみた声で、僕に言います。

が、今はママとのセックスに夢中で答えることができません。

    

「もう!ママッ!いい加減にしてよっ!

こうしてやるわっ」


姉は、背後からママの身体を引き剥がそうとしました。

が、勢い余って、ママは後ろに倒れてしまったのです。

    

「ぇえっ?」

    

僕はなす術も無く、あっけに取られました。

それでも、ママと僕の結合部分はそのままだったのです。

ママの体勢が後ろに倒れ込んだことによって、

オマ○コの中での、チンコの位置が変わりました。

何やら、上の部分に擦り付けられる感じです。

    

(うわ。この感じもイイな。

体位が変わるだけで、こんなにも違うんだ・・・)


体位が変わったことによる恩恵は僕だけではありませんでした。

いや、むしろママの方に効き目があったみたいです。

僕が腰をさらに動かすと、ママの乱れようは更に激しくなりました。

    

「ァアッッ!ンンッ!

イヤァァアァアッッ~~ンン!!」

    

部屋の中にママの悲鳴がこだまします。

亀頭の手前部分が、何だかザラザラした様な感じがします。

    

(ママ、このザラザラ部分を擦ってあげると、気持ちがイイんだ)

    

僕は、何だか嬉しくなって、さらに腰を動かします。

   

 「ィヤッッ、イヤァアァッッ!!!

ダメェエエッーー!!」

    

ママの昂ぶりは収まりが付きません。


    

「んもうっ!ママってば!

そろそろ交代してよ!ずるいよぉ!」


僕の足元で、ママ下敷きになった姉が、必死に訴えます。

    

「ほらっ、奈々ッ!

奈々も手伝って!

ママの身体、どかすのよっ!」

    

姉の呼びかけに、妹・奈々が答えます。

    

「うん、わかった、お姉ちゃん」

    

奈々はそういうと、ガバっと僕の体を跨いできました。

    

そして、向こう側を向いて、僕のお腹あたりに腰掛けてしまいました。

    

「すっごいぃ!

ママとお兄ちゃんの繋がってる部分が丸見えだよ」

    

妹はスクール水着を着ているとは言え、

クロッチ部分が切断されているので、オマ○コが僕のお腹に直かに触れた状態です。

    

(何だかヒンヤリしてる・・・。

やっぱり奈々も濡れてるんだろうな)

    

「いいから、奈々。

早く手伝って。ほら、奈々はママの足持って。」


「うーん。よいしょっ!」

    

「せーのぉっ!」

  

やはり姉妹のコンビネーションは息が合っています。

僕とママの結合はあっさりと、解かれてしまいました。

    

「ァアンンッッ!

ヤダァッ!もっと、もっとぉぉおっ!!」

    

ママの抵抗も虚しく、僕の肉棒はママから引き抜かれました。

    

(ふぅうぅっ。

それにしても、最高だったな。

ママのオマ○コは・・・)

   

感慨に耽る僕でしたが、それも一瞬の間でした。

    

・・・んずぽっ・・・。

    

(えっ?)

    

何が起こったのか、すぐには理解できませんでした。

さっきまで僕のお腹に腰掛けていた妹が、いつの間にか腰へと移動しています。

そして、ちゃっかり僕の肉棒に腰を落としていたのです!

    

「んはっ。んはっ」

    

奈々ヘンな声を出して、腰を揺すっています。

    

「ちょ、おい、奈々・・・。

いきなりかよ?」


「てへへっ!

お兄ちゃんの、いただいちゃったァ!」

    

奈々は、僕の方を振り返ってニッコリ微笑みます。

    

(こ、これって、つまりはバックの体勢ってことだよな。

あぁ。なんか、ママのオマ○コと違って、キツイ感じだなぁ。

初々しいよ、奈々のオマ○コはっ!)


「ちょっと!奈々ッ!

何が、テヘッ、よ。

アンタ、勝手に先にしないでよ!

次は、お姉ちゃんの番でしょ!」 

 

姉が怒り出すのも無理はない。


「えへへっ。

ゴメンなさい、お姉ちゃん。

お兄ちゃんの立派なオチンチン真近で見てたら、つい・・・」

    

「何が、つい、よ。

本当に、さ、どいて、奈々。

ほら!退くのよ!」

    

こともあろうに僕の体の上で、僕のオチンチンの権利を争って、

姉妹ゲンカをする二人。

    

「お姉ちゃん、そんなこと言わないで、

仲良く、一緒に、しよ?」


    

「一緒にって、どういうことよ?

○○のオチンチンはひとつしか無いのよ!」

    

「だからさ。

お兄ちゃんが最初に言ってたじゃない?

みんなで代わる代わる、挿入しようって」

   

「あ、そう言えば、そういうこと言ってたわね。

それをやるつもりなのね、奈々」

    

「うん。

本当は、お兄ちゃんのオチンチン、奈々のものだけにしてたいけど。

でもお兄ちゃんは、アタシだけのものじゃないから・・・。

さ、お姉ちゃん、こっち来て」

    

「うん、分かったわ、奈々」

   

僕の腰の上で、向かい合った、姉と妹・・・。

    

「あは。何だか、すごいことになっちゃったね」

    

「うん、お姉ちゃん。恥ずかしいね」


いよいよだっ!

ついに、美智子お姉ちゃんと、妹・奈々との連続セックスの幕開けだぁ!

    

「それじゃ、いくわよ、奈々。

タイミングを合わせて、腰を上下させるのよ。 

まずは奈々が腰を浮かせて、次にアタシが腰を落とすわ。

そして、今度はアタシが腰を浮かせて、奈々が腰を落とすのよ。

準備はいい?奈々?」

    

「うん、お姉ちゃん!

あ、でもお姉ちゃん、その前に・・・」

    

「何?奈々」

    

「奈々、お姉ちゃんとキスしたいな・・・」

    

「えっ?何言ってるのよ、奈々?」


「いいでしょ、お姉ちゃん!

奈々、これからもお姉ちゃんと仲良しで居たいから。

だから、お願いっ!」

    

「もう。しようがない子ね。

わかったわ・・・」

   

姉が、奈々の顔に手をやる。

何てことだ!

目前で繰り広げられる、近親レズビアン・ショー!!

姉の唇が、妹の唇に触れる。

    

「んんっ!」

    

「ぁぅん、くちゅっ・・・。」

    

女同士の口づけ。しかも姉妹同士!

    

「んぁあっっ!」

    

奈々が声を上げる。きっと姉の舌が、奈々の舌を捕らえたに違いない。


んくちゅ、ちゅぱっ、ちゅるぅ。

    

何て、ヤラしいんだっ!

と、姉の舌攻撃を受けた、奈々はいきなり下半身をキューーっと収縮させたのだ。

僕のチンコは妹のオマ○コに、ぎゅぎゅぎゅーっと締め付けられた。

    

「あはっ・・・!」

    

思わぬ膣の締め付けに、思わずうめいてしまう僕。

 

まいったな、こりゃ・・・。

    

ようやく姉と妹のキスは終わった。

恐らく二人の唇は、蜜の糸で結ばれているのだろうが、

残念ながら、この角度ではそれは確認できない。


「いい?奈々?」


何も言わず、頷く妹。

二人は僕の腰の上で、身体を寄せ合う。

そして、まず妹が腰を浮かせた。


くちゃぁっ。

    

妹の肉洞から飛び出し、解放された我が愚息。

しかし、それも束の間だった。

今度は姉が腰を落としてきたのだ!

あっという間に、姉のオマ○コに収納される肉棒。

    

「うはぁあっ!

イイっ!」

    

妹・奈々のオマ○コも、ママのオマ○コも、それぞれに良いのだが、

やっぱり僕には、美智子お姉ちゃんのオマ○コがしっくりきます。


ずんずんずんっと3回ほど上下ピストンをしたところで、

姉は腰をぐわっっと浮かせました。

    

(あぁ、しばらくの間、お姉ちゃんの膣とはお別れだな・・・)

    

名残惜しいが仕方無い。

腰を浮かせた姉の代わりに、今度は妹が腰を沈める。

お互いの肩に手を当て、身体を支えあっている二人。

奈々の膣に、チンコが収まりきると、

さっきまでは、姉のオマ○コが最高だあ、なんて言ってたのが嘘の様に、

    

(奈々のオマ○コも、キッツキツでいいぜぇ!

やっぱり奈々のは、締まりが最高だぁ!)

    

なんて思っている僕が居ることに気付く。

    

自分の都合の良さに、ちょっぴり呆れてしまう。

妹の上下ピストンも丁度3回で終わりを告げ、腰を浮かせて離れていく。

そして、また姉のオマ○コと巡り合わせッ!

姉の腰がまたしても、ばっこんばっこんと上下する。

間髪おかずに、妹・奈々。 代わる代わる、姉妹のマンコ挿入が繰り返される!

まるで、僕のチンコを支点とした、シーソーのようだっ!

    

「あぁっ、お姉ちゃんっ!奈々!!

イイッ!最高だぁぁっ!!」


妹とは後ろ向きでの挿入。

姉とは向かい合った形での挿入。

それぞれのオマ○コの形状や特性、そして挿入角度の違いもあって、

ど、どっちもイイっ!!

た、たまんねぇえやっ!!


ずぽ、んずぽ、ずぽっ!

んちょ、くちょ、んちょっ!

    

姉と弟、兄と妹の奏でる、結合接着音が、イヤらしく響く!

僕の肉棒は、姉と妹の淫液、そして自らの我慢汁で、もうぐしょぐしょだ。

    

(やべえぇっ、こんなのが続いたら、持ちそうにないよ・・・)


下半身の奥の方に、射精感がチロリと感じられた。

    

(出すとしたら、どこに?

 膣外射精?

 それとも中出し?

 中出しするとしたら、それは姉?妹?

 それとも連続射精で姉妹同時中出し?

 妊娠しちゃったらどうしよう?)


そんなことを考えていたら、もう頭の中がぐわんぐわんして来ました。

あまりの気持ち良さに、僕の意識はもうろうとしてきました。

僕の視界には、姉と妹の身体がおぼろげな像として映り、

その二つの塊は、順々に僕の腰の上で上下動を続けていました。

    

(このままだと、ダメだ。

イッちまうよ・・・)

    

僕が射精の覚悟を決めようとした時です。

二つだった身体の像が、いつの間にか、三っつになっているような気がしました。

僕は、目を擦って確かめました。


ああっ!

    

お姉ちゃんの後ろに、いつの間にかママが居るッ!!

ママは姉の肩に手を回して、耳元でつぶやきました。

    

「美智子ちゃん、奈々ちゃん、ママも一緒に混ぜて!」

    

「あっ、ママ!」

    

ピストン運動をしながら、姉が答えます。

    

「ママ、復活したんだねっ!」

    

妹も嬉しそうに言います。

さっきまでママは快感のあまり、失神状態だったみたいなのです。


    

「ママッ、じゃあ、次はママの番よっ!はいっ!」

    

そう言うと、姉は腰を浮かせ、ママにバトンタッチする。

    

「こうかしらっ?」

    

ずんっと、腰を落とすママ。

    

「うひゃっ!」

    

ママのオマ○コに再遭遇し、その蜜加減に僕はたまらず声を上げる。

    

(あはぁ、やっぱりママのはトロトロだぁ・・・)


僕はだらしなく口を開けてしまう。

    

(やっぱりこの完熟マ○コの味わいはママだけのものだな。

美智子お姉ちゃんのオマ○コもいいけど、これはまた別物として最高だぁあっ!)

    

ずんっずんっずんっずんっ・・・。

    

(あれ、ママの挿入時間、随分長いな?)


姉妹の間で取り決めがあったのかは知らないが、

美智子お姉ちゃんも妹・奈々も、それぞれピストンは3回づつだった。

が、ママはもう5回以上、上下動を繰り返している。

「んはっ、んくっ、んはっ、くくっ!」


「ちょっと、ママ?

早く交代して!」

    

妹がママのことをせかす。

    

「んくっ?ぁはっ?」

    

ママは聞き返しながらも、更に2回ピストンをした。

    

「ママッ!

ピストンは、一人3回までにして!

奈々との間で、何となくそう決まったのよ!」

    

姉が厳しくママに言います。

    

んぽっ!

    

ママのオマ○コから、音を立てて飛び出す僕のチンコ。

    

「あら、そうだったの?


ごめんなさい、美智子ちゃん、奈々ちゃん。

次からは、ママ、ちゃんと回数守るわ。

でも3回だなんて、寂しいんじゃない?

せめて5回にしない?」


ママの提案に対し、姉妹が相談をする。

    

「奈々、どうする?」

    

「アタシはいいけど、お姉ちゃんは?」


「んんーー。さっきまでは、二人で交代だったから、

 

すぐに順番が回って来たけど、今度からはママも入れて三人だもんね。

やっぱり3回だとすぐ終わっちゃうから、ママの言うとおり、

5回までOKにしよっか?」

    

「あら、美智子ちゃん、ママが参加したら、いけないみたいじゃない?」

    

「そ、そんなつもりじゃないけど」


「お姉ちゃん、じゃ、5回までオッケーにしようよ、ね?」

    

奈々が明るくそう言う。

    

「そうね、奈々。そうしましょう」

   

「はい、決まったわね。じゃあ、次は奈々ちゃんの番?」

    

「うん、じゃあ、いくよ、お兄ちゃんっ!」


(ふぅっ、どうやら、会議は終わったみたいだな。

さて、今度からは一人5回づつのピストンだな。

しかし、ママ、奈々、お姉ちゃんと、それぞれに趣きの違うオマ○コを、

連続して味わえるなんて、僕は何て、幸せ者なんだ!)

    

ずずんっ。

    

妹奈々のオマ○コッ!

    

(やはり、キツキツだ。

幼い奈々に無理やりしているみたいで、何だか悪い気がするけど、

でもそれが、逆に背徳感を誘って、妙にそそられるんだよな。

それに、奈々だって充分に濡れてて、感じてるんだから、

そんな罪の意識は持たなくてもいいはずだよな)

  

そんなことを思っていると、あっという間に次は、姉の番だ。


ぐにゅりぃ。

    

美智子お姉ちゃんのオマ○コッ!!

    

「美智子お姉ちゃんっ!

やっぱり、僕、お姉ちゃんが一番好きだぁっ!

ずっとずっと好きだったんだ。

今まで、お姉ちゃんのことクンニするしかできなかったけど、

ついに、お姉ちゃんとエッチすることができたんだ!

嬉しいよっ!僕、嬉しいよっ!」

    

妹とママが居るとは言え、僕は溢れ出る気持ちを抑えられずに姉に言う。

それに姉も答えてくれる。

    

「ありがとっ!○○っ!

アタシも!お姉ちゃんも○○のこと、好きよぉおっ!」

    

大好きな姉との5回のピストン交接はあまりにも短すぎた。

続いてはママだっ!


ぬちょっ!

    

39歳のママの完熟(甘熟)マ○コォッ!

    

「ぬあぁあっ!

ママッ!ママのオマ○コ、あったかいっ!

僕のチンコ、溶けちゃいそうだよぉぅ!」

    

「んんふっ。

○○のオチンチン、溶けちゃいそうなの?

ウゥン?ダメでしょ、溶けちゃったら、

ママのオマ○コが寂しくなっちゃうわ。

ママからのお願い・・・。

ずっとずっと、カチンカチンでいて、ね?

できる?○○?」

    

「う。うんっ。

できるっ!

僕、ママのために、いつでもオチンチン固くするッ!」

    

さっき、姉に一番好きだ、なんて事を言ったにもかかわらず、

もうこんなことを言ってる僕・・・。


ママのピストンが終わり、再び妹・奈々。

そして、美智子お姉ちゃん・・・。

波状攻撃で襲い掛かる、まさに、三重連の花電車ッ!

一度は収まっていた、射精感も再び限界値に近づいていた。

    

「んあ。あは・・・。

だ、駄目だよ。

これ以上されたら、ぼ、僕我慢できない・・・」

    

「イクの?○○?

シャセイするのね?

待って。アタシだって一緒にイクから。

お姉ちゃんと一緒にイくのよっ!」


姉が僕と一緒にイッてくれる?

何て嬉しいことだ。

我慢に我慢を重ねて、もう限界だが、

姉を最大に喜ばすためには、もうひと分張りだぁっ!