犯したいほどエロチックな姉



ヘンリー塚本作品。

深夜、姉がベロベロに酔っぱらって弟のマンションに転がり込んできた。

ソファーに寝転がり、太ももを無防備にさらけ出す姉。

実は弟は、これまで姉のことオカズに何度もセンズリをこいていた。

その憧れのオナペットが目の前に!

なんて話で始まるのですが、早々に血の繋がらない姉と弟という設定が暴露。

くそ、またかよ。

でも、まあ、自分の中で、「実の姉と弟」の設定に脳内変換して楽しみます。

泥酔状態の姉の服を脱がし、下着のみにして布団に運ぶ。

完全に寝入ってしまった姉。

千載一遇の大チャーンス!

ここはもう手を出さずにはいられません。

姉のブラジャーを外すと目に飛び込む姉のバスト!

続けてパンティも脱がして露にされる姉の下半身!

即座に全裸になると、既に勃起のチンコをいきなり姉のオマンコへ挿入!

そしてピストン、ピストン、ピストン!

憧れの姉ちゃんのオマンコ、なんて気持ちいいんだ!

堪能しきった後、最後はマンコの近くに外出し。

そして夜が開ける。

姉が作ってくれた朝食を一緒に食べる。

姉は俺のシャツを勝手に着ているが、

下にはパンティが見え隠れ。

目のやり場に困っていると、姉は昨晩のことは全部知っていたと言うのだ。

しかも、実は快感の声を我慢していたと。

卑怯者!と罵りつつもシャツをはだけて、再びベッドへと向かう姉。

「近親相姦しよ?

声を出して、狂わせて!

早く着て!」

もどかしくも服を脱ぎ、姉の居るベッドへ飛び込む!

昨晩は一方的だったが、今度は姉がフェラチオしてくれる!

濃厚過ぎる姉のフェラチオに悶絶!

もうチンコはフル勃起!

「入れて!」

と言う姉のオマンコをクンニ!

「姉さん!姉さん!」

「早く入れて!突き刺して!」

それに応える姉。

またもピストン!ピストン!

「あなたのチンポおおきいね、太いわ!」

「姉さん!姉さん!」

「おいで?」

抱き合う姉と弟。

「いいわ!いいわ!」

姉のオマンコ最高だ!

「駄目、だめっ!あぅ、あっ、ダメーーーー!」

絶頂を迎える姉。

「姉ちゃん、いくぅーー!」

辛抱たまらず弟も射精!

「ゆうべとどう違う?」

「ゆうべよりずっと良かった・・・」